Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON レビュー

2011/4/28発売のアクションゲーム。

今更こんなゲームをレビューすんのか、と言われそうだけど中古ですごく安かったのでw

それに、なんかこう…言葉に出来ないなんとも言えない魅力があるじゃん?

 

ということで総合的な評価としてはBマイナス、と言った感じ。

決してクソゲーというほどひどい出来のゲームでは無いが、面白いか、引き込まれるか、熱中したか、等と言われると首を傾げざるを得ない。そんな出来。

そもそもストーリーが完結しておらず、設定資料集や小説、コミックなどで補完していかないとエルシャダイという物語を理解することが出来ない、という点はどうしても減点せざるを得ない。

しかし、各ステージのアート的表現、BGMの雰囲気の良さなど、世界観の構築は上手く出来ているな、と感じるかな。

話題になった「神は言っている、ここで死ぬ運命ではないと…」「話をしよう。あれは36万・・・いや、1万4000年前だったか」というような明らかに狙ったネタっぽいセリフも、実は設定に忠実に沿ったセリフであるということなどに気づき始めると、このエルシャダイの面白さに気づけるんじゃないかな。

しかしまぁ、その辺は某ゼノシリーズじゃないんだから、ある程度はゲーム内で完結して欲しかった所。

ただ、個人的にはこの辺りはあまりマイナスポイントにはならないかな。アクションゲームにストーリーが無い、ないしはヒドいは昔からなのでそこはあまり気にしていない。

それよりもアクションゲーム好きの自分的に一番気になったのはやはりイーノックのアクションというか操作性の部分。

使用ボタンが極端に少なく、操作を簡潔に且つ面白さを損ねないようにデザインされているのは非常に評価できる部分なんだけど、攻撃の各モーションがムダに長い上にガードやジャンプ等でキャンセル出来ないため、敵の攻撃が見えていてもそれに対処できないことが多くイライラすることが多かった。こんなのスクエアが作るアクションゲームレベル。元カプコンやらクローバーやらのスタッフが居たのであれば、もっと「動かしていて面白いアクションゲーム」にできたんじゃないかと思ってしまう。

また小さい足場から小さい足場へ飛び移る、と言ったようなアクションを強要されることが多い点も気になる。それだけなら別になんとも思わないんだけど、視点を変えられない、カメラ操作がない、手前から奥へ移動という3Dゲームで一番距離感をつかめない動きが多い、という部分が足を引っ張る。まぁイライラするだけで出来ないものでもないんだけどさ。

が、リトライが一瞬且つ直ぐ側で有ることを考えるとまぁプラマイゼロなのかw

レビューなんかを見ていると難しくてクリアできんかった、という人が多々居たようなので、アクションゲームやらない人には難しかったのかな。

 

というような形で、悪くはないが良くもない、、、が、どちらかと言えば悪い方、というような微妙な評価にならざるを得ない、そんな作品。

素材はいいと思うんだけどね。個人的には嫌いじゃないよw ただ、アクション面がストレスマッハなので「もう一回やるか?」と聞かれたらもちろん断る。

アクションゲームのストーリー面を極めてもしょうが無いと思う質なので、アクション面をもっと調整するだけで十分良作となりうるだけに勿体無いなぁと。

 

まぁコミックが連載中だったり、地味に動いているエルシャダイなので、興味をもった人はやってみてもいいかもしれない。

関連書籍が多いので、逆にゲームはやらなくてもいいかもしれないけどw

 

El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON

El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON

 

 

El Shaddai ceta(1) (Gファンタジーコミックス)

El Shaddai ceta(1) (Gファンタジーコミックス)

 

 

エルシャダイ 公式設定集 The Wonders of El Shaddai

エルシャダイ 公式設定集 The Wonders of El Shaddai