Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

光プロバイダサポートからの勧誘電話

昔から、どうもインターネット回線関係の販売代理店は勧誘電話がクソウザイことや契約内容、やり口がとんでも無いことで有名であるが…。

 

いっつも家族が電話に出ていたからどういうハナシをされているのか知らなかったんだけど、たまたま出てしまったので内容を記事にしておく。

 

オペレーターは非常に業務的な口調で、「光プロバイダサポートの○○というが」という話から始まり、「取り敢えず一年で一万円くらい安くなるんだよ」という旨をものすごくサラッと言った後、「オタクのインターネット環境を確認したい。モデムはー?プロバイダはー?」みたいなノリで環境を確認してくる。

適当に応答しながら会話中に社名「光プロバイダサポート」とプロバイダ「EMM」を検索。

光プロバイダサポートは検索結果に「遠隔操作でプロバイダを解約された」と出たこと、EMMの方はHPが怪しさプンプンなのと知恵袋等の質問ばかりが上がってくるので、いくら安くなるとはいえ契約はしないほうがいいな、と判断。

ただ、何がどういう理屈で安くなるのかは知りたかったのでその辺りの話を質問してみる。

話の内容としてはOCNやぷらら等のプロバイダから、ウチのプロバイダに乗り換えれば月額料金安いぜ、って言う話だった。

そうこうしていると「それなら安くなりますね。それではいくつか注意があるのですがー」と、さも乗り換えを決定したかのように、乗り換えるにあたっての注意事項などを話してくるので、上記の”勝手に解約された”という話もあったし、これ以上付き合って勝手に乗り換えられても困るのでこの辺で無理やり断って電話を切った。

 

 

というのが今回の電話内容。

自分も販売員とかやったことあるからわかるけど、この話の仕方は「気がついたら契約していた」状態を作り出すやつだ。

ネットに疎い人なら何故安くなるのかもわからないだろうな。

こういう話し方は困ったことに”話さなければいけないこと”はちゃんと話しているんだよね。ただものすごくあっさりしゃべっていたり、サラサラっと流したりするので、話は聞いていたんだけど気がついたらずいぶん話が進んでいた、って状況になっちゃう。

で、後で「こんなの要らないよ」って言っても「注意事項等はお話しました」とか「そもそもネットの電話勧誘はクーリングオフ適用外」って言われてどうしようも無くなっちゃう。

ノルマ達成、というかこういうことしてまで契約を獲得しないと会社の利益が出ないのはお察しするが、それをやらせる会社側も、それをやっちゃう末端の従業員も、人として大事なものを失ってしまっているので、申し訳ないがどんなに良いサービスだろうが安くなるんだろうが、そういう奴らからはモノは買わない、金は払わない。

 

うちの親父は話も聞かずに毎回電話を切っていたので「話しぐらい聞いてから切ればいいのに」と思っていたが、これは切ったほうがいいな。

あの話術は多分ハマってしまう人が多そうだ。

 

それにしても勧誘してくるオペレーターさんよ。

いくら断られまくって心が荒んでいようが、上司にノルマを達成しろと怒鳴られていようが、その仕事を選んで且つ続けているのはあんたの意志だろう?

最初から面倒くさそうなやる気のない話し方するなよ。事務的すぎんだろ。それじゃ物は売れないよ。

テメーで選んでその仕事してんだからちゃんとやれや。

特定商取引法ハンドブック[第4版]

特定商取引法ハンドブック[第4版]