Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

YouTubeのContent IDに誤認されて困った話

最近YouTubeにアップしたゼノギアスの動画の一本が、著作権に引っかかったとかでミュートかけられてしまった。

著作権で保護されている音声が含まれているため、この動画は利用できなくなる可能性があります。下の著作権侵害の申し立てが行われている曲を削除すれば問題を解決できる可能性があります。 

 エラーの内容はコレ。

で、何が引っかかったかというと

StormtrooperのToo Close to the Coreという曲らしい。

 

で、どうしたんだ?って話なんだけど、簡単にいえばこの動画にこの曲使ってない。

 

つまり「Too Close to the Coreを動画で勝手に使いやがったな!音消してやる!」って音を消されてしまったんだけど、その曲を全く使用していないので"この曲を使用したということに関しては"全くの無罪というか、濡れ衣というか冤罪なのですが…という話。

 

自分はゼノギアスが好きすぎてしょうが無いくらい好きなので、このゲームの動画にゼノギアス以外の曲でも音でも、関係無いものを差し込むなんてもってのほか。

どんな曲かと思って調べてみたらマジで知らない曲だし好みでもないし、ゲームの雰囲気にあってもいない…。

まぁゼノギアスのプレイ動画を上げている時点で著作権云々に文句をいう資格はないということは自覚しているつもりだけど、使ってもいない曲を利用したことによる音声制限ってのは正直納得いかないのだが…。

 

youtubeには一応、異議申立てをすることが出来る。

が、その選択肢の中はどれも「私は悪くないんですけど?」的な選択肢しか無く、「そもそもその曲使ってないんですけど?」っていうような選択肢が無い。

アップした瞬間に異議申立てされている点から、プログラム化何かで自動判別されているんだろう、ということが推測されるが、これ多分他にもおんなじようなことで引っかかってしまった人多いんじゃないか?

 

現状、クレームを入れるところも有るような無いような、って感じなのでどうしようもなさそう。

 

まぁメインはニコニコでやってるのでもうYouTubeにあげなければいいだけの話なんだけどさ。

スクエアやモノリスソフトに文句言われるのはわかるが、使ってもいないところから文句言われて一方的に規制かけられるのってどうなんだよ…。