読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

バトオペNEXTを結構やってる

bon.ggame.jp

 PS3とPS4で展開している、F2Pの対戦アクションゲーム。ガンダムバトルオペレーションNEXT。コレを最近よくやってます。と言っても、F2Pなのである程度お金払わない程度だけど。

 ってか、このブログでゲームの話ってめちゃくちゃ久しぶりだなw いや、このゲームね。まぁなかなか楽しいのよ。ってか、有人対戦ゲームが面白いのであってこのゲームが面白いってわけじゃないのかもしれないけどねw

基本無料って事もあって良くない所はボロボロあるわけなんだけど…。最近来れをやっていて思ったのが、ガンダムというキャラゲーで対戦ゲームはあんまり相性が良くないな、ってこと。

要は、「ガンダムが好き」って人達と「対戦ゲームが好き」って人達が混在しているってことが結構問題というか、内部、プレイヤー同士の軋轢の原因になっているな、と最近感じるのよね。

というのも、vsシリーズのようにアーケードで展開して、アーケードで対戦しているようなものなら生半可な雑魚は到底生き残れない。ちょっと挑戦してみる、位なら色んな人が手を出してみたりするだろうけど、それを継続して続けるような人は「対戦ゲームが好き」な人達であって「ガンダムが好き」な人達とは少し違うんだよね。

一方、家庭用ゲーム機でしかも無料で展開しているこのゲームだと、対戦ゲームという本来なら初心者お断りレベルなゲームであるにもかかわらず、「ガンダムが好き」だからという動機だけで有人対戦という舞台に残り続けてしまう。

 

 で何が問題なのかって言うと「ガンダムを動かしていれば楽しい」人達と「相手に勝つことが楽しい」人達が同じステージで同じ環境で一緒に混ざってゲームしてるんだよな、このバトオペNEXTは。

ガンダムゲーは民度が低いってよく言われるけど、それはストリートファイターやキングオブファイターズというタイトルでは集まってこないような広い層が集まってくるっていう部分と、上記で言った意識の差がある人達が混在している事に起因すると思うんだ。

 

 昔、自分は運動がすげー苦手で、体育の時間とか憂鬱で仕方なかった。授業でサッカーとかドッジボールとか全然役に立てなくて足引っ張ってばっかりで、同級生に散々文句言われながら授業やってた。

それと同じ現象がバトオペNEXT内で起きてるんだよな。今の自分は、バトオペNEXT内では強いという部類ではないけど、明らかに自分より下手くそな人たちはたくさんいる、っていうポジション。そうなって気づいた、「あぁ、昔体育の授業で俺に散々文句行ったり怒鳴ってたりしてた奴らはこんな気持だったのか」って。

 

 まずそもそもアクションゲームって結構上手い下手別れるよね。で、アクションゲーム程度ですら別れるんだから対戦ゲームってなるとその差はもう歴然なのよね。

マジでありえない動きとか、この状況で何でコレが出来ないんだとか、今何が必要なのか何故わからないのか、とか思うわけよ。

でも、出来ない人側で考えると、その人達は出来ないんだからしょうが無いんだよな。極端な話を言うと向いてないんだよね。俺がスポーツに向いてないように。

 

 出来ることと出来ないことが自分の中で明確に分かったからこそ言えることだけど、自分に向いていないことは、多分どれだけ努力しても他人には勝てない。

例えば筋肉とか、続けることで強くしていける部分は必ず存在しているのは確かなんだけど勝負の世界はそれだけじゃないのよね。

例えば骨格や身長や四肢の長さなど、体格的な部分の差は埋めようがないし、状況判断や機転など発想の部分は、向いていない人はとにかく全く何もひらめかない。

もしかしたら、何十年と鍛錬を重ね続ければなんとかなるのかもしれないけど、普通の人は「自分には向いていない。他のことを探そう」っていって離れていく。上手い人は残っていって、その中で競い合って更にうまい人達が残っていく。

 

 そうやって普通なら削ぎ落とされ研磨されていくんだけど、ガンダムのゲームは何故か脱落者があまり出ない。対戦ゲームにも関わらず「勝っても負けてもいい」っていう思考で何故か残り続ける。

当然、猛者たちに揉まれて強くなっていっているプレイヤーもその中にいるわけで、そういった全く意識の違う人達が同じ土俵で戦わなければいけなくなり、自分のチームにも否応なく編入されてくる。

そうなってくるとまぁ文句の一つも言いたくなるわけでw

それを肯定する気はないが、「ガンダムが好き」ってだけでこのゲームに居座るのも少し違うと思うんだ。

ガンダムのゲームはいっぱいある。一人で楽しめるゲームもあるし、協力プレイで楽しめるゲームもある。何も対戦ゲーム、しかもチーム戦しか存在しないゲームに拘る必要は全く無いじゃん?っていう。

 

 要するに"ほんの少しでも勝とうという気持ちがないのなら対戦ゲームやめよっか"ってことが言いたい。

傲慢なんだけどさ。自分も対戦ゲーム好きだけど上手いってわけじゃないから、初心者お断りな格ゲー界の雰囲気好きじゃなかったけど、入り込んでみるとわかる。

プロ野球選手が、野球を広めるためにプロの公式試合に初心者をスタメンに入れたりしないだろ。それはそれで別の機会、別の場所で、それ用にプログラム組んで試合とは関係ない、ってそもそも試合すらさせないでしょ。

それと同じことが格ゲー界にも必要なんだろうなぁ。

格ゲー初心者には、まず思い通りに操作できるように操作方法覚えてもらって、敵の攻撃をよく見る目を養ってもらって、即座に反応できるように反射神経鍛えてもらって、まともに動かせるようになったら相手に合わせた立ち回りや攻撃の方法を覚えて、少ないチャンスで多くのダメージ稼げるようにコンボを覚えて…、って格ゲー教室でもやらんとダメなんだよな。それくらい格ゲーって真剣にスポーツなんだよな。

 

 そんなことを感じたガンダムゲーでした。