Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

日本は既に安い国

toyokeizai.net

 ブコメにも書いたんだけど、日本へ来る外国人観光客が増えたのって、日本っていう国のポテンシャルの高さが理由じゃなくて、日本からアジア諸国へ行くような、そんな感覚なんじゃないかと思うんだ。

つまり、裕福な国から貧しい国へ行く、っていうそういう感覚だと思うんだよなぁ。下降旅行とでも言ったら良いのか。日本的に言えば欧米とかに旅行にいくんじゃなくて、アジア諸国に旅行にいくような感じなのかなと。

 

 で、そういう感覚で考えても高級ホテルが足りないってのは確かにそうだなと思うんだよね。アジア諸国にも”現地の人間はまず泊まれないだろ”って価格帯のホテルはたくさんあるわけで。それは自国よりもお金持ってる外国人を対象に、高いサービスと高い料金を貰おう、っていう完全に金持ち外人向けの商売してるんだよね。

その視点や考え方が日本にも足りない、と言う意味では考え方は違えど言ってることは間違ってないというか、同じ終着点に到達したというか。

でも、”日本の底力はこんなもんやないでー”なんて見当違いな考え方で高級ホテル作っても失敗しそうなので、ちゃんと”日本人よりも金持ってる外人様に高いサービス提供してガッポガッポお金もらうでー”くらいの意識でやらないと、また日本的な失敗の仕方するだろうなぁなんて思った。

 

 そういう意味では今現在の日本の立ち位置というか状況を理解していないなぁなんて思うし、そんな人が紛いなりにも経済ジャンルのサイトで記事書けるのかぁ、なんて思うと、コレだから日本はダメなんだ、なんて改めて思ったりもするよね。

つまり、そういう視点でホテル作っていける企業を見つけとけば、オリンピックやる頃には株価上がってるかなw