Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

鉢植えにフタをするより添え木をして

anond.hatelabo.jp

 この人が迂闊にもタバコの話題なんか持ち出してしまったせいで、終始タバコの話しかされていないような状況になってしまったので、ちょっとこちらではこの人の言いたかったであろうことを引き出してみたいと思います。うん、そうだよなぁと思う部分があったので。

 

この人の言いたいことはここ。

どんどんと窮屈になる日本。他人の多少の迷惑を許容する代わりに、「する自由」に満ちた社会のほうがずっと心地よいと思うのだが。

正直下手こいたらこの一文だけでもいいんじゃね?と思うくらいなのだがまぁそれはそれで伝わらないんだろうなぁ…(遠い目

 

 日本は基本的に、規制や排除などと言った、無くしたり禁止したりどっかへ追いやったり、ネガティブな対処法で問題を解決(というか問題から距離を置く)している節が昔からある。

老婆を山に捨ててきたり、病人を村から追い出したり、新しいサービスが既存の法にそぐわないから摘発したり、コピーされないようにブロックしたり。

人間に対してはやれコミュニケーション能力だの、明るく元気な人がいいだの、何かとポジティブを求め、そしてそのポジティブを評価するくせに、問題を解決する方法はだいたいネガティブであると言う部分に腹が立つと言えば腹が立つ。というか納得いかないというか。お前ら一貫性がねーなぁ、と思う。所詮その場の感情を吐き出すだけの人間でしたかそうですか、って感じ。

まぁそれは置いておいて。この人が言うように「する自由」に満ちた社会のほうがいいよね、っていうのはつまり禁止したり規制したりというネガティブメソッドよりも、やってもいいけどこうしてね、出来るけどこうしようね、っていうポジティブメソッドの方がいいんじゃない?って話。自分もそう思う。

 

 何かにチャレンジする人に対して「いや無理だろ」「出来っこない」みたいなことをすぐ言うのもネガティブメソッドが染み付いてるからだと思う。

最近、会社員やめて個人事業主にでもなろうかなとか思ってるってこともあるんだろうけど、日本人はもっと個人が自由になって各自で責任を取るようになった方が良いと思う。何かに守られ過ぎだし、何かに頼りすぎて思考回路がおかしくなってる。

 

 って言うような話を喫煙者排除という問題をきっかけに、この人は話したかったんだろうな、と思ったんだけどブコメ欄でそういう話をしている人はゼロ(面倒臭すぎて全て確認してないけど)。もう話にならんよね…。

最近思うんだけど、何でこんな奴らのケツ拭かなきゃいけないんだろうって思うことが多々。それをやった所で俺の利益にはならないんだもんなぁ。

ってちょっと話がそれたけどw まぁこの程度の文章から筆者の意図を引き出せないようじゃ小学生から国語の勉強をやり直さないとダメだな。そしてその程度の国語力の人達にこのポジティブメソッドの話をしてもきっと意味ないだろうなぁ。わからんだろうなぁ。と思うと、あーもうだめだこいつら、って思っちゃうよなぁ。

 

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド