Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

冬用カーゴパンツとウインターグローブ

rough-and-road.weblogs.jp

www.kushitani.co.jp

 秋冬にバイクに乗るための装備として、ラフアンドロードの防風裏起毛カーゴパンツRR7468LFと、クシタニのK-5575を買ったのでインプレというか感想。

 

まずはラフロのカーゴパンツ。172cm58kgでMWを購入。自分のウエストは75くらいなので多分SWでも良いんだろうけど、SWは股下74、MWは83だったのでMWにしました。

バイクに跨ってると結構股下がないと足首でちゃうんだよね。中につけるタイプのニープロテクターとかつけてると余計に。夏とかは別に問題ないけど秋冬は隙間から入りこんでくる風で余裕で死ねるので足首が絶対に露出しないように長めを購入。

パンツ自体は30インチ~36インチ程度であるだけあってそれなりに太い。まぁカーゴパンツだしそういうもんと言えばそういうもんかもしれないけど、決してスリムではない。ただ、かなり大きくウエストをアジャストできるので着ぶくれてもメタボになっても一本のパンツで余裕で対応できるであろう調節幅の豊かさ。

防風力は十分。多分風は入ってきてない。足首付近にあるベルクロを閉めれば更に完璧。黒いので日光が当たれば十分に暖かくなってくれるし、太さに余裕があるのでまだ寒くても中にタイツやらインナーやらも余裕で履ける。

ただ、不良品を掴んでしまったのか右ポケットが縫われておらず底抜け状態に…。まぁレッグバッグとか使うし、そもそもバイク乗ってる時はポケットになにか入れることはあまりないのでいいっちゃいいんだけど。ご注意を。

あと、ウエストもニーパッドの位置調整も履きながらやるのはなかなか難しいので、そのあたりの調整の面倒臭さは少しネックかも。まぁ最初にやってしまえばあとは問題ないんだけど。特にニーシンガードの調整は裾に手を突っ込んで手探りでやるにしても、裾を裏返してめくるにしてもとにかくやりづらいので大変。しかも一回履いてみないと合ってるかどうかわからないというねw 参考までに自分は一番上まで上げてます。足短いし。というかデフォルト位置が一番下なんだけどこれ下すぎるからよほど足長い人でない限り、ニーシンガードはそれなりに上に上げる必要があると思っておいたほうが良いかも。

 

 

次はクシタニのウインターグローブ。えへへ。ついにクシタニ製品を手に入れたぜ…。あとはメッシュパーカーほしいんだけど今使ってるメッシュジャケットまだまだ使えるしなぁ。個人的にクシタニはちょっと憧れのバイクアイテムなのです。

で、このK-5575は特にプロテクターなどがついていない、どちらかと言うとファッション的で割と安価なグローブ。

防風力はバッチリ。多分風は入ってこない。けど、長時間乗っているとやっぱり指先が冷えてくる。風というよりは、手の熱が単純に外に逃げているんだと思う。グローブ内に風が入り込まなくても、グローブ自体には常に風があたっているわけだからね。

日光だったりグリップヒーターだったり、外部からの何かしらの熱源さえあればなんとかなるかなと。手のひらの生地自体は割と薄く作られているらしく、グリップヒーターの熱も十分感じられますよ、と公式動画が言っておったぞ。

サイズはMを購入。手袋関連は自分はいつもM。他社グローブと比べると若干余裕が無い感じがするかな?手を入れるのがきついとか言うほどではないけど、フィット感が若干強めと言った印象。

ジャケットの袖口をグローブにインできるかは微妙なところ。薄手なら入るだろうけど、自分の使っているコミネJK-579では、袖口のベルクロを思いっきり閉めればなんとか入るって感じ。ただつけ心地が悪いのでグローブの上に袖口が来るようにつけてます。こっちのほうがラクだし。その付け方でも風は全然入ってこないのでお好みで。

 

こうしてグローブ、ジャケット、パンツと防風アイテムを揃えて走っていると笑っちゃうくらい風が入ってこなくて楽しいですw 朝すれ違う、原付きで通学してる学生君たちに教えてあげたいw

後まで防風装備を完備してくると、あとは隙間の風をどうやって防ぐのかが課題に。主に首から上と言うか。ベンチを全部閉めてチンカーテンつけてもヘルメット内に風が入り込んでくるのはどうにかならんかなぁ。今のところ問題ないレベルだけど、このままシーズンが終わればいいけど耐えられないレベルになってきたらどうしよう…

 

ということでまぁバイクのウインターライディングアイテムでした。