Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

岩のように静かで動じず、叩かれても己の形を保つ強さを

 ブコメに星がつくと、〇〇さんが星をつけました、と通知が出るんだけど、そこそこやっていると「あれ?この人前にも星つけてくれてたような」みたいな人がちらほら居る。

星がつくのは嬉しい。特定の誰かが自分のいろいろなコメントに星つけてくれるのも。

そういうの、承認欲求がーってよく言われるけど、確かにそれもあるんだけどふと気づいたのは、小さい頃学校でクラスの友達とテレビの話で盛り上がってた感覚が近いなぁと思った。

最近、誰でもテレビ見てるかと言うとそんなことはない。自分だって朝出かける前になんとなく付けてるだけで、それ以外の時間にテレビを付けることはない。あ、あとはローカル情報番組くらいか。

ドラマなんて最後に見たのは中学生くらいだろうか?ってレベル。趣味趣向が多様化してきている今、テレビ見てる人だって同じテレビ見てるとは限らない。

そもそも自分は天の邪鬼なので、オリンピックやサッカーみたいなその場だけ熱狂するスポーツ観戦はやらないし、ベストヒットソングとか絶対聴かない。まぁこれは音楽性の違いってのが大きいけど。

そんな時代の中、同じ話題に関してあーだこーだ言う場所や機会って結構貴重なんじゃないのかって思ったりする。

リアル友がたくさんいる人ならその沢山の人の中から趣味が合う人が居るんだろうけど、自分は友達居ないし、リアルで人とずっと一緒にいるのはしんどい。

 

正直、昨今のネット上で往来している言葉自体が最近好きになれず、以前よりもネットから距離を置くようになったし、スルーする言葉達も多くなってきた。自分の中で意識して人の意見から距離をおいたり耳に入ってしまったものでも忘れたり無視したりする努力をせざるを得ない事が本当に増えたけど、こういうブコメみたいなのがあると、やっぱり人間って面白いんだなと思う。

 

ただ、それを楽しむためにはそれなりに自分自身をしっかりと保たないといけないし、感情で反射的に動いてはいけないし、なんでも言っていいってことにもならない。

岩のように静かで動じず、叩かれても己の形を保つ強さを、ネットを使う人達は皆持つべきだと最近思う。