Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

ロッキー、ライズはそりゃ売れるやろ、って話

toyota.jp

 SUVブームが巻き起こって久しい2019年。昔はあったのに今はないタイプのSUVがある。

それが5ナンバーサイズのSUVだ。

昔はそれこそRAV4やラッシュビーゴなんかがコレに当てはまってたけど、当時のブームが収束しラインナップからは消えていったまま、その枠に収まる新しい車が生まれぬまま今日に至っていた。

 

 SUVが欲しい、と思ったときに障害になるのはその車体のデカさだ。軒並み3ナンバーで全長も4500を軽く超えてくる。

道路や家が割と新しければ、この程度の車が通れるスペースも、停めておくスペースも有るだろう。だが、昔からの街中や平成初期頃の街ではなかなかそうもいかない。

実家の車庫に入らないとか、通りを曲がれないとか、一応曲がれるし通れるけど雪積もってら通れなくなる、とか割とある。

ほんの少し。もうほんの少しだけ道やら車庫やらが広ければ問題ないのに…って悩みを抱えていた方は多かっただろう。

そうすると求めるものは5ナンバー枠に収まるSUVだ。

だが無い。つまり5ナンバーのSUV出ないかなぁ…って何年も様子見してた層が結構積もっていたということだ。そしてそれがロッキーライズのヒットに繋がった。

 

 懸念だったエンジンも1.0Lターボのおかげで不満どころかよく走るレベルで、外観もライズは現行RAV4の弟分フェイスで実にいいところをついてる。これで顔がRAV4系じゃなかったらここまではヒットしなかっただろうとも思う。

ダイハツ製ではあるが、おそらくトヨタから技術提供されたDNGAや新しいCVT

これでダイハツからしか出なかったら売れないだろうが、トヨタのエンブレムを付けてトヨタで売ってくれるんだからそりゃ買うわ、っていうね。

 

 ネットではアレヤコレヤ言われている(車板では割とあれこれ言われていた)が、所詮ネットでの話。そもそもネットの連中は毎日車に乗るどころか、車を持っているかどうかすら怪しい人達の方が多い。毎日車に乗って通勤し、買い物に行き、家族を送り迎えする。そういう使い方をしてくると必然的に軽やコンパクトカーが使いやすくなってくるのだ。

その上でSUVが好き、という好みも有るだろうし、雪道が不安、という心配もあるだろう。そう言った点を満たしてくれる5ナンバーコンパクトはずーっとなかった。

ライバルとしてはクロスビーや今や忘れ去られているイグニスがあるが、クロスビーはSUVというよりはハスラーという印象が強く、イグニスもSUVというよりは特徴的な顔をもったアルトという印象が強い。

そのなかで明確に「SUVです!」と言い切れる車を出せばそりゃ売れるわけで。

個人的にはスズキかダイハツかどっちが出すかな?と思ってみていたがダイハツの方だったね。個人的にスズキが好きなのでスズキに出してほしかったけど、ジムニーで忙しかったのだろうか。

 

 とにかく。今までずっと空席だったポジションも埋まったことでSUVに関してはどんな要望でも答えられる車種が必ずどっかにある、と言う状態になってきてよかったのではないかなと思う。

自分もスイスポを買っていなければ買っていたかもしれない…

いや、MTないから迷った挙げ句に買わないやつかなコレはw 現状、スイスポを10年くらい乗ったら次はジムニーと決めているんだけど、この牙城を崩せるほどではなかったかなと。あくまで自分の中では、だけど。

 

 動画レビューを見てもいい素性の車であることはよく分かるので、コレは本当にずっと売れるだろうなと思う。トヨタだし。

トヨタはこれからヤリスも出るし、ほんとにどんどん隙が無くなっていく。とりあえずトヨタに行っとけば何かしら希望に沿う車があるだろう、な状況になってきているね。コレを狙ってやっているかどうかはわからないけど。

コレに対して他社がどう動いていくのか。車業界もまだまだ面白そうです。

 

ニューモデル速報 統括シリーズ 2020年 国産&輸入SUVのすべて

ニューモデル速報 統括シリーズ 2020年 国産&輸入SUVのすべて

  • 作者:三栄
  • 出版社/メーカー: 三栄
  • 発売日: 2019/11/29
  • メディア: Kindle