Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

PS2版 バイオハザード4

久々にレビューですwwしかも古いw


数多くリリースされているバイオシリーズの正統ナンバリング作品「バイオハザード4」。主人公は前々作のレオン。
大筋のストーリーとしては、何者かに拉致られた大統領の娘を助け出すという、らしくない王道ストーリー。ちなみにゾンビは出てこないし、頭が吹っ飛ばない。

システム面では大幅な改良がされていて、今までのようなラジコン操作ではなく背面をカメラが追っていくTPS的な色が強く出てます。そのおかげで、腕を撃って武器を落とさせるとか、足を撃って動きを止めるとか、はたまた投擲武器を撃ち落とすなんて細かいことが出来るようになってます。軽く視界が狭いのも特長。最初は「見にくいなぁ」なんてストレスに感じてたけど、見えないことによる恐怖の演出だと思えばこれはなかなかちょうどいいです。視界の外からおそってくる敵には、慣れてきてもビックリするから適度に緊張感を保てます。
また、ナイフをL1ボタンで構えるようになったので、弾薬節約のためにわざわざ武器を持ち替える必要がなくなった。今作は破壊可能な箱や壺の中にアイテムが入っていることもあるので、以外とナイフは攻撃以外で使うことが多かったり。
ただ、こういう風になってくると状況に応じた武器の選択ってのが必要になってくるんだけど、今作は武器チェンジが今まで通りメニューを開いてじゃないと変えられないってのがマイナスポイント。手榴弾とか、敵との距離を取るためのショットガンなど一発しか使わない武器でも、メニューから武器を選ぶという行程を踏まなきゃけないのが結構うざい。例えばメタルギアみたなボタン一発で武器をチェンジできる機能が欲しかったところ。
他にはアイテムボックスがなく、全てのアイテムは金による売買で管理するところかな。つまり、しこたまハーブやら弾丸やらをため込むことが出来なくなったってこと。でもまぁ、普通にやってれば弾薬も回復もちょうど良くあるんでその必要はないかなと思うけどね。
後細かいところは、ライフがゲージになったり、メニュー画面でのリロードが出来なかったりとか、武器がカスタマイズ可能とかかな。全体的な印象としては、バイオらしくない、のヒトコトにつきそう。

只ゲームとしてはなかなか良くできてて、いかなる時も気を抜いてると即死するので常に緊張感を持ってプレイ出来るのはいいところ。ただ、いきなり現れる系のどっきりがもっとほしかったかなぁ。好みだけどw
いろいろと志向がこらしてあってプレイヤーを飽きさせない仕掛けが多く、最後までたっぷり楽しめました。
クリア特典も相変わらずイカスwレオン君、あのコスチュームは懐かしすぎwそれと、シュリーお前いくつだwwスタイルよすぎw
おまけゲームもなかなかの出来。エイダ編はついでっぽい気もしなくはないけど…。マーセナリーズは以外と楽しいwクラウザーにはまったw

あとねぇ、思いのほか長い!バイオというと2時間で終わるイメージがあったから、今回もそんなもんだろうなぁなんて思ってたら終わらない終わらないwまぁ、コレくらいがちょうどいいけどね。

ただねぇ。ストーリーが何ともかんとも(苦笑)バイオというと、バイオハザードという事件に関したストーリー展開のはずなのに今回はバイオハザード起きてないしwなんか無理矢理レオンを使った感が否めないかなぁと感じてしまうかな。今まではストーリーにかなり直接的なつながりがあったけど、今回はレオンが出てくる以外にコレと言ってつながりがない。ウェスカーとかアンブレラが軽く絡むくらい。だから、コレを正式に「バイオハザード4」とするのはどうなんだろう?っておもうなぁ。コードベロニカはやってないけど、そっちの方をバイオ4とするわけにはいかなかったのかな?個人的に、S.T.A.R.S.のその後とか、アンブレラのその後が気になるので、その辺の話が少なかったのはちょっと残念。

そういえばWiiでも出てるんだよね。このシステムならかなり面白そうだなぁ。アンブレラクロニクルズもでるし、いっそのこと買っちまおうかな。


総合的に見てバイオらしさは薄いものの、ゲームとしてはかなり楽しめること間違いなし。今なら安いし、久しぶりにレオンの勇姿を見たい方は是非。



追記:お願いカプコン。出来れば次からは頭吹き飛ばしてください…。バイオの醍醐味ですよ?