Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

自分、働く。この社会で。

仕事が忙しくなるとめっきり更新が減るダイスケデス。
いやぁ、ほんとここんとこ忙しくて見に来てくれ方に申し訳ないです。はい。


で、今日は起業がどうのこうのというお話。

職場の人間関係に気を遣って仕事が緩くなる会社の実態

まぁ、もっともだなぁと思うところ。
というか、個人的に「根回しとか、下打ち合わせとか、政治的な部分ばかりに時間を割く」ということが大っ嫌いなんだよね。ごますりとか、接待とかさ。馬鹿馬鹿しいじゃない?
確かにそういうことをすれば「じゃあこの間ごちそうになったし仕事回してやるか」みたいな話になるかもしれないけど、それって実力が認められてって訳じゃないし、一会社としては何も評価されてない訳で。それじゃあ、なんの意味もないと思うんだよねぇ。でも、それが「当たり前、常識」としてまかり通っているんだから腐った社会ですよ。

それと、人脈って言葉も好きじゃない。というか嫌い。なんか嫌。この方も書いているとおり、仕事上でできた「人脈」なんて会社がなくなったらなんの意味もなくなるわけで。プライベートでも仲が良い、仕事と関係ないところでも関わりを持てる、それが本当の「人脈」というヤツなんじゃないのかな。
というか、友達を仕事の駒のように見るみたいで、やっぱり人脈って言葉は好きじゃない。
というか逆なのよね、順序が。
「友達がたまたま仕事上でも付き合える仕事をしていた」というのが通常であるべきで、「仕事上使える人間と友達になる」ってのは、そんなもの友達じゃないし、嫌らしいし、汚いし、上っ面の付き合いでしかない。
人間関係が大切とか言って「人脈作ってる」人は本当に人間関係を大切になんかしてない気がする。そんなんじゃ本当の友達になんかなれないし、下心もって付き合うなんて、本当に相手のことを考えたらできないでしょ。
だからやっぱり嫌いだな。人脈って言葉は。この言葉も腐ってる気がするよ。


俺もまぁ、起業したいけど、何すればいいのかはっきりしてないしなぁ。
別に今準備してるって訳じゃないんだけど、ダラダラと日々を過ごしていってしまってる気がする。それじゃあ駄目なんだよねぇ。


持論としては「出来るヤツはできるし、出来ないヤツは出来ない」のよ。
この間ね。tvkでやってるファニーペッツってCGアニメがあるんだけど、その監督がね「夢とか目標に縛られて、自分の出来ることを見失ってる」みたいなこと言ってたのよ。
あぁ、確かにそうだなぁって。今の若者って「何かにならなければならない」って思いこんでる気がするんだよねぇ。俺もそうなんだけど。だから無理矢理にでも「やりたいこと、将来の夢」ってのを探す、というか作り出す。でもやっぱりそれって、ある意味自分の可能性を殺してることになるんだよね。すぐ足下に「出来ること」ってのが転がってるはずなのに、それを見ないで遠くばっかり見てる。そんなんじゃあ、俗に言うすごい人にはなれないんだ世なぁ。

この間の記事でも書いたけど、人間誰でも一つくらい出来ることってのがあるのよ。無償でいつまでもやっていられることってのが。まずは自分を見つめ直さなきゃ。あ、だからってよくある自己診断みたいなのはやらなくていいいいんだよ。あれは、余計に混乱させるだけだからw 簡単なのは昨日のこと去年のこと、5年前のこと思い出してみる。そのなかで昔も今もやってることってあると思うんだ。それを拾って極めていけばいい。
それはかっこいい事じゃないかもしれない。そのことを仕事にしたいとあまり思わないかもしれない。でも、「憧れや夢」なんてモノで仕事を決めるよりよっぽどうまくいくはずなんだ。それこそが本当の自分なんだから。

まずは自分を認め、受け入れなきゃね。憧れや妄想も良いけど、そんなモノそこそこ程度にしとけ?おまえはおまえなんだからさ。


これが本当のオンリーワンってヤツなんだよ。