Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

あたしが悪い訳無いでしょ?

結婚したいけどできない男性が増えた原因は?

ま、相変わらず。ライブドア世論調査の低レベル加減は以前から言っている通り。


しっかし、手前らが結婚出来ない理由を男になすり付けるとはな。
非正規雇用が増えたのだって、女性様が進出してきたせいでしょ?職っていう椅子は有限なのよ。「あたしも仕事したい」といえば増える程簡単なものじゃないの。それをだ。「女を採らないなんて差別だ。女を採れ。」と無理難題を吹っかけて、男が座っていた椅子を無理矢理奪ったのはどこのどいつなんだと。前にも言いましたけど、企業が女を採ることに非積極的なのは「使えないから」だよ。結婚したら辞めてしまうしな。定年までしっかり働く女なんて全体の何%ですか?しかも「早く結婚してラクしたい」なんて考えで仕事するような奴らになんで給料やらなきゃいけないの?
今、積極的に採るようになったのは、そうすれば企業のイメージアップがはかれるから。それだけ。多少の損も目を瞑りましょうとね。
つうか、そういう女がいることは本当に仕事のできる働きたい女の障害になることに何故に気づかないのか。そういう女がいるから、たとえ仕事ができる人だとしても「はぁ?どうせ女じゃん」とか言われるんだよ。そういうことは女が越えあげて女全体の意識を改善していかなくちゃいけないのにそれをしない。そういう点も「だから女は…」って言われる要因ですよと。
ま、正面からぶつかってもこちらは相当不利なので、俺はもう放っておきます。10年20年位すれば勝手に滅びるだろ。ただ、社会を巻き添えにして滅びそうだからそれが怖いんだよなぁ。どっちにしろ、これが女性様の望んだ社会で、これから先が女性様が望んだ結果ということです。いいかげん、手前らの罪に気付け。




で、なんだって?「あたしたちが結婚出来ないのは稼ぎの少ない男が増えたからだ」だと?なにそれ?あんた達には結婚したくなる程の魅力があるとでも?
「結婚してラクしたい」なんて思ってる人間のどこに魅力を感じると言うのかな?
家事なんて洗濯機と掃除機があればガキでも出来る。料理だって本見ればガキでも作れる。男に出来ないのは子供を産むことだけ。



自分の世界や理想にこだわり、女性に過剰な期待を抱いている男性が増えているのではないか
はぁ?逆です。この時代、誰も女に過度な期待なんてしてません。しててもごく普通のことです。料理がうまい、優しい、いい母親になれそう、程度。要するに、人間として当たり前程度のレベルを期待しているのですけど、現実にはそういう女が少ない。あ、あれですか?現代では人として標準的な期待も、もはや過度の期待と言われてしまうんですか?あーそれなら納得。要するに手前らのレベルが下がっただけじゃないか。それを上手い具合に男のせいにしてるだけ。そういう性格も気に食わない。己の非を絶対に認めようとしない。人として社会人として駄目ですよ。



結婚したいのにできない男性が増えてきた原因、何だと思いますか?
逆に聞きたい。今の世の中で結婚したいなんて言う男がどれだけ居るのかと。ていうか、この言い方は完全に男を貶してるだろ。
例えばだ。とあるレストランがあるとしよう。昔は美味しいと評判だったのに、最近はマズくなって客足がパッタリ止まった。さて質問です。お客さんに来てほしいのに来てくれない原因、何だと思います?答えは簡単です。マズいからです。それを、「客の舌がおかしい」とか「客の収入が減ったからだ」とか「客が引きこもるようになったからだ」なんて言うのはお門違いだろ?ってかこんなことマジで言ったらキチガイだろ?女性様はそれを平気で言ってますからね。うん、はっきり言おう。あんたらマズいのよ。金もかかるし。


別に男は嫁なんかいなくたって生きていく上では何にも困らないのよ。心配なのは老後の介護ぐらいで。
大昔の農家と違って、子供が労働力になる訳でもないし、わざわざ他人を家庭に入れて余計な出費払ってまで他人と一緒にいる意味がないのよね。
そんなこと言うと決まって「あなたは本当の恋愛をしてことがないのよ」とかいってくるけど、じゃあ「本当に愛されるような人間になれよ」と言っておく。




そして気になるのが投票者の大半が男だと言うこと。何でもそうだけど、こういう問題提起系のモノにはほとんど参加しないよな女性様は。なに?周囲が変わるのを待ってるんですか?あほくさ。
ホントに女性様の脳って15才から成長しないのか?と本気で思ったりします。



ま、どうでもいいですよ。男抜きに結婚は出来ない。結婚しない男が増えれば、結婚出来ない女も増える。んで、苦労すれば良いさ。自分たちが望んだ結果なんだから。まぁ、男のせいにするのは目に見えてますが…。