読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

メトロイドプライムハンターズ レビュー

これまた任天堂の看板ソフト。2Dから3Dへと移行した3作目(たしか…)。
タッチペンと言うDS独特のインターフェースを利用したファーストパーソンアドベンチャー

これ、なかなかよく出来てます。下画面をタッチして照準、方向キーで移動という一見やりにくそうな感じだけど、やってみるとあら意外。ケッコー出来るじゃん。ただ、マウスやコントローラーには及ばず。やりやすいようなやりにくいような、なんとも…って印象は拭えません。

グラフィックは3D。ぶっちゃけ汚い…。PSでFPSやってる感じです…。ゲームは確かにグラフィックじゃないけど、ジャギーや、テクスチャが気になって気になってしょうがない。ハード的に無理だったのかなぁなんて思います。これだったら素直に2Dにした方が綺麗でよかったのになぁなんて思うんですけどね。

内容はメトロイドをまんま3Dにした感じ。色々探索して進んでいくと言った形。ァーストパーソンアドベンチャーとあえて言ったのはこのため。それが許容出来るか出来ないかが大きな分かれ道かと。個人的にただ殺し合いがしたかったので、これは何となく駄目だったかなぁ。敵との戦闘もちょっと大味で、真っ正面から撃ち合うだけってのもどうなのかなと思います。まぁ、メトロイドなのでそういう所を求めるのもお門違いなんですがね。
ホントに単なるアドベンチャーゲームなので、逆にFPにする必要があったのかな?なんて思います。TPの方がよかったんじゃないかと思うんだけどね。
難易度もそれなり。別段高くもないし、低すぎる訳でもない。ちょうどいいかな。色々と特徴あるステージの作りでマンネリしないところはgood。時たま出てくる敵ハンターなんかも、程よい緊張感を与えてくれるので結構ナイスです。

問題は操作系統。隠れて撃つといったスタンスではないため、必然的に走り回りながら敵を討つことになってしまうんだけど、そうする為にはDSというハードはちとキツい。例えば、円を描くように走る場合、常に一定方向に視点を回転させ続けなければ行けないんだけど、こいつは擦ってる間しか視点を動かさない。つまり、どこかのタイミングで、擦り直さなきゃ行けないと言うこと。コントローラーでのFPSに慣れまくっている自分にはこれはちとキツい。そのため、敵を視野から外してしまうことが多く、その分危険にさらされるので、そこはどうにかしてほしかったなぁ。まぁ、腕でカバー出来る範囲ではあるんですが。

あと、wi-fi使って誰かと対戦が出来ます。といってももう人いないだろうけど…。自分はやらなかったのでわからないんですが。LAN使っての対戦も可能なので友達とも対戦可能。FPSの醍醐味はやっぱり対戦。これで、すこしでもFPSの面白さをわかってもらえればなぁなんて思います。


総評としては、まぁまぁだったんじゃない?ってところ。操作面とグラ面さえ改善すれば良いソフト。ただ、人を選びそうではある。万人ウケするかどうかはわからないけど、新しいジャンルのゲームにも手を出してみてほしいので、こういうゲームをやったことない人には一度くらい触ってもらいたいかな。

そんな感じです。