Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

地球防衛軍3

ノーマルを一通りクリア。

ノーマルだけの難易度でみたらシリーズで一番低いかも。まぁ、その後はあれですがw
ってか既に、ハードのミッションで詰まった…。たかがハード程度の難易度に詰まるなんて焼きが回ったかなぁ。


今回はクモの体力が減ってるおかげで前作ほど脅威ではないですねぇ。

ミッション内容は初代+αって感じでしょうか。2みたいな地底ミッションとか、懐かしい挟撃ミッションとか。
武器もなにげにプラズマランチャーとかあったりするんですよ。今作の設定だと、まだ携帯式エネルギーチャージの技術が確立していないらしく、戦闘中のリロード不可という鬼仕様w
ってか、ゴリアスとか、かんしゃく玉とか、スカイタートルとか懐かしすw かんしゃく玉なんかはあんまり使ってない人が多いらしいけど、爆殺までくれば全弾ヒットさせれば相当のダメージが期待出来ます。デカもの相手だと結構協力。拡散性も結構あるので、火炎放射器程じゃないけど敵の足止めとしても結構役に立ってくれます。

今回アシッドガンという、忌まわしき蟻のサンダー…じゃなくて酸を使った武器もございます。感覚は蟻の酸そのもの。音とか見た目とか射程とか。グレネードランチャー程真っすぐ飛ばないし、弾速も蟻並みに遅いので、遠くの敵に使うのはちょっと難しい。ただ、近接時のダメは異常w リロードもそんなに長くないし、足止めにも多少使えて結構いい感じ。



ただまぁ、ココまでくるとさすがに新鮮味も少なくw 相変わらず同じようなミッションと、何処かで見たような街や海岸線。確かにフルプライスで買ったら多少不満かもねぇ。このシリーズは2000円と言う低価格にして、このクオリティーとボリュームが売りだったからねぇ。ただまぁ、プレイ時間で換算するとその辺のRPGなんかより遊んでたりするんだよねぇw もともと「これフルプライスでもいいんじゃね?」くらいのクオリティーだったんで全然良いと言えば良いんですが。
どこぞのゲームと違ってグラフィックと言うより、“ゲーム”部分にかなり力を入れてるし。ヴェスペリアもそうだったけど、「次世代機のくせにグラがこの程度?」とか言う人が結構居ますが、随分前から言ってますけど「ゲームはグラじゃねー」ぞと。リアル系のゲームならグラの向上ってのも面白さの一因かもしれないけど、ヴェスペリアもこれもその類じゃないからね。ってか、トゥーンでヴェスペリア以上ってなかなか無いと思うぞ?これ以上何を望むの?とか思ったりする。

でも街の作り込みは結構面白くて。公園の滑り台とか、さりげなく置いてあるママチャリとか、色んな看板とか。街を探索してるだけでもちょっと楽しめますよ。


と、話がそれたw
今回は乗り物が一つ増えてます。マトリックスででてきた人が乗るロボットに似てるかなぁ。これがまた鈍足極まりないw 特に旋回性能と飛行性能は無いに等しい。ただ、こいつの強みはそこじゃない。ヘリ並みのマシンガンと、戦車並みの砲撃、そしてオマケの火炎放射器全て同時に発射出来ること。2足や、怪獣はこれだけで死亡w まぁ、動く砲台程度ですが、威力はお墨付き。上位難易度でどれだけ通用するかはわからないけど、案外使えますこいつ。
軒並み乗り物は癖があったり、耐久低かったりするけど、これらが強かったらゲームバランス総崩れだしね。個人的にはこれはこれで正解だと思います。それを差し引いても、高速で移動出来るという人間じゃどう足掻いても追いつけない性能を持ってるんで、全然良いかと。で、この高速で移動ってのも戦略上必要なんだよねぇ。そういう所上手く出来てるなぁと。2人でやると戦略の幅がグンと広がるのも面白い所。

で、一人寂しくプレイする人の為になのか、今作は他のEDF隊員が作戦に参加します。戦力的にはいても居なくてもどっちでも良い所だけど、こいつらの掛け合いが凄いテンション上がるw 「行くぞー!」「おぉぉぉぉ!」とか言って女王アリに突撃して、案の定全滅してたりして面白いような、素直に笑えないような…。「家族はみんな死んだ」と言う隊員も居たり、逆に「ひゃっほう!」とか言ってる人も居たりで、こいつらとやるのはなかなか楽しいです。
ただ、平気で射軸上に入ってきて勝手に死んで、「こいつ仲間をやりやがった!」とか言うのは勘弁してほしいw 俺だって撃ちたくて撃ったんじゃないやい…。



今の所ハードを攻略中。武器は現状90個程。折り返し地点かな?
街に素穴が出現するミッションでちょっと停滞中…。COOP出来ないのが一番の失敗だよね。何の為の360なのか…。
次はLive対応よろしくお願いします、SANDLODさん。