Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

Wii Musicってどうなんだろう?

Wii Music。これには少し疑問を持っていて、世の人はどう思ってるのかな。


俺は小さい頃から音楽が好きでした。楽器の演奏も、歌う事も。ダンスも以外と好き。なんというか、音楽と言う波に乗ることが好きと言うか、その波を作り出せる所が好きと言うか。

音楽って何が楽しいんだろう?う~ん、改めて考えるとわからないと言うか、言葉にできませんw 強いていえば、音を奏でる感覚が楽しい、、、かな?サーフィンやった事無いけど、波に乗って、その波の上でどう踊るかってところが楽しいと言うか…。体全身で受け止める空気の波を感じて、その微妙な変化にあわせて自分も踊るというか…。
すごい言葉にしづらいw マニュアルの車を運転する楽しさに近い気がする。アクションゲームで、キャラを思い通りに動かすような楽しさにも似てる気がする。スポーツをプレイする楽しさにも似てる気がする。なんかそういうアナログな楽しさなんだよね、音楽って。吹き方や弾き方、手の動き一つで微妙に変わってゆく音。それらを上手く操る楽しさっていうかね。言い表しにくいけど、そういう楽しさってのがあるのよ。

なんかね…クチパクに近い気がするんだよなぁ。なんというか、俺も上手く言葉にできないけど、やっぱりなんかモヤモヤするものがあるよね。
じゃあ、音ゲーは?って言うかもしれないけど、あれはあれで別物だからね。あれは、楽器の疑似体験を楽しむものじゃなく、いかに上手く操作してハイスコアを出すかって所に楽しさを見いだすものだから。
まぁ感覚としては、小さい頃にほうきをギターに見立てて遊んでたじゃん?あれに音が出ると言った感じなのかなぁと。ごっこ遊びとしては最高のものなんじゃないかなぁとか思ったり。でも、所詮ごっこ遊びだしねぇ。
Wiiのコンセプトからしても「みんなで楽しく音楽ごっこ」ってのが正しい捉え方なのかもしれないな。そう考えれば、これもこれで楽しめるかもしれない。楽器って簡単なものじゃないし、環境も問うものだし。手軽に音楽ごっこしたいならこれでいいかもしれない。

ただなぁ。Wii Sportsとかもそうなんだけど、ゴッコ遊びで満足なのかなぁと。というか、Wiiが完全にごっこ遊びゲーム機だからあれなんだけどさ。スポーツをやる楽しさ、楽器を演奏する楽しさ、そういったものを実際に体験しないって言うのは非常にもったいないよなぁと思う。たとえごっこ遊びだとしても、FPS並みにストイックなごっこ遊びは出来ないものかなぁと思ってしまう。FPSも言ってしまえばタダの戦争ごっこだし。
Wiiは「手軽に誰でも」ってのが根幹にあるからそうなってしまうのは仕方が無いとはいえ。こういう“本当の楽しさ”ってのが全然わからないのはもったいないなぁなんて思うかなぁ。


何でもそうなんだよね。映画にしろ小説にしろ演劇にしろ音楽にしろゲームにしろスポーツにしろ。それらの本当の面白さを知らずに死んでいくのってもったいないなぁって。ごっこ遊びで満足しちゃうのが悪いとは言わないけど、やっぱりもったいないよなぁって。



とはいっても、やったら楽しかったってのはありそうだからねぇ。やってみない事には何とも。
ということで、Wii Musicってどんなもんじゃい!ってことで、買ってきてみようと思いますw 基本的にずっと持っていようとも思わないので、すぐ売れば1000円くらいで体験出来るでしょ。とりあえず、やってからだね。

ついでにワールドデストラクションとマリカーも売ってきます。ごめん、ワールドデストラクションはやめるわw ヴェスペリア等、他のゲームみたいに「もっとやりたい」という欲求が全くわいてこないので駄目です…。そのうち未クリアレビューするんで少々お待ちを。