Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

貧困撲滅委員会

貧困について考えてみようと言うテーマみたい。
貧困はどうやったら無くせるのか。どうすべきなのか。


結論から言おうか。


無理。

もっともうけようと思う人間、金で金を作り出す人間、搾取する人間、それらが存在している以上は、この世から貧困なんてもんは無くならない。
とは言っても、上記のような人間を否定する気もないです。別に間違った事をしている訳じゃないし。まぁ、間違った事で大金稼いでる人も居るにはいるんだけど。


そもそも、貧困をどうにかしようと言う考えが生物的におかしいんだけどね。
獲物を捕れる者が生き残り、獲物を捕れないものは死ぬ。それだけの話。動物は獲物を捕れないヤツを助けたりしない。でも人は助けようとする。人と言っても所詮は生物。弱肉強食の性からは逃れられないのよ。


だいたい、庶民層である俺たちが貧困がどうのこうの言ったってしょうがない話。そういうのはお金をいっぱい持ってる人に言わなきゃ意味が無い。だって俺たちだってお金ないんだから。
だから汚い話、いかに富裕層に「我々は貧困で苦しんでいます。どうか恵んでください。」とアピール出来るかどうかってのが鍵。とはいっても、彼らも苦労して掴んだお金。そうやすやすと手放しはしないでしょ。

だから無理だと言っている。
というか、こういう風にいとも簡単に富裕層や政府から援助を受けてしまうと、そこに頼ってしまうと言う事も考えられる。よく、「会社の儲けは20%の社員が出している」なんて話を良く聞くけど、そういう状態になってしまう訳。
ま、当然勝つ人が居れば負ける人が居る訳で。で、世の中の20%しか有能な人間が居ないと。そういう事。おそらく、20%の人間が稼いで、あとは何もしなくても社会は回るかもしれない。うん、きっと回るw でもそれを容認する訳ないわけで。
だから結局の所、根本的な貧困根絶ってのは無理だと思うのよね。


どっかの心理学者が、「出費を抑えるのではなく、収入を増やそうと考えろ」と言っていた。出費を抑えるのはマイナス方向の行動だし、何より限界ってもんがある。でも、収入を増やすという行動は、やりようによっては無限だし、何よりプラス方向に気持ちが向いているという事だけでも結構いい効果が出るらしい。
だから、個々が「どうしたら収入が増えるのか?」と考える事が一番の近道なんじゃないのかなぁと思う。
「あーお金ない…死にてぇ」なんてマイナスな思考じゃなく「あーお金ない…、どうしたらもっと儲けられるんだ?」とプラス方向に考えろという事。
仕事なんかにしても、意識一つで仕事の出来る出来ないは結構変わる。各々の意識改革。それが貧困撲滅の近道なんじゃないのかな?