Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

なんか違う気がする。

[硫化水素自殺者]9カ月で876人 政府が防止対策強化


記事には
硫化水素の製造方法といった第三者に危害を及ぼす恐れのある情報がネット上で紹介されている実態を踏まえ、民間の監視団体からの通報を受け、ネット接続事業者がこうした有害情報を削除することを認める。
と書かれているけど、硫化水素の作り方なんてきっと昔からネット上にあったと思うんだよね。でも硫化水素自殺が激増したのは今年にはいってから。テレビで詳しく報道したのも今年になってから。あれあれ?某番組では、具体的に何と何を混ぜれば発生するとかいう事もやったらしいじゃない。あれあれ?またネットのせいか。


ネットの情報なんてぶっちゃけ一般人には殆ど伝わらないよ。嵐の大野の大麻事件を知ってる一般人は何人いる?韓国の実態を知ってる一般人は何人いる?犯罪者ホイホイのmixiで上がってた個人情報は結構晒されてたけど、知ってる一般人は何人いる?名前から学校名、顔写真まで見た人は何人いる?

所詮、ネットの伝わり方はデジタル。断片的なのよね。規模はでかいけど、上がったからと言って誰もが知るという事はない。たった1階層下のページでも、自らがクリックしなければそれを見る事はできない。それに、ネットは基本的には一人で見るもの。自分が見たからといって、家族や友達もそれを見ているとは限らないし。
でもテレビは違う。規模もでかいし、テレビを見ない人なんて殆どいないんだから、一回テレビでやればほとんどの人がそれを知る事になる。そういう点で、ネットはテレビに到底勝てないんだよね。


テレビは切っ掛け。それも相当威力のある切っ掛け。ネット上に上がっている自殺の方法なんて、知ろうと思わなければ普通の人間は知るはずがない。ヤフーのポータルにリンクが張ってある訳じゃないし。だから、若干報道規制気味だけど、テレビで放送さえしなければ、ココまで硫化水素自殺者が増える事はなかったと思う。やったって、番組の合間の5分くらいのニュースでサラッとやるべきだった。それをワイドショーに持ってきて詳しく検証し、結果、硫化水素自殺という方法が存在しているという事を多くの国民に知らせてしまった。そしてその方法がネットに上がっているという事も知らせてしまった。

という、一番悪い(方法上げてるヤツも悪いけど)奴らを取り締まろうとせず、ネットのみを取り締まり、結果、テレビは何のお咎めもなくいつも通り放送を続けている。いいのかよそんなんで。



自殺率を20%以上減らすのが政府目標らしいが…。無理だろ。だって、なんで人が自殺するのかわかってないでしょ?いい学校へ行き、政治家になった人には一生わからないんじゃないかって思う。そもそも、何故自殺をするのかという理由を見つけて、それに対して対策を打つのならまだしも。自殺の方法を隠してしまえばいいと思ってる時点でまず無理。
そういう情報が人を自殺へ追い込むのではない。元々死にたいと思ってる人が、方法を探して死ぬんだよ。たとえ、それらが全て隠された所で、首つりや飛び降り、電車に飛び込む等々、既に誰でも知っている自殺方法はいくらでもある。
情報を隠しても何も変わらない。硫化水素自殺者が減るかもしれないだけで、全体の自殺者数は何も変わらない。他の方法で死ぬだけ。


とりあえず、自殺未遂の人でも対策担当に当てればいいんじゃないの?それくらい、本気で死にたいという気持ちなんて、なった人じゃないとわからないんだよ。