Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

アニソンの台頭?J-popの衰退?

音楽業界に“アニソン旋風”到来 チャート上位にアニソン 海外にも影響

ライオンとか娘トラとか結構売れてるみたいですが。

まぁ、アニメという作品あってのアニソンって所もあるんだけどね。作品自体がいいものだと、それに付随して曲の評価も上がったりするし。なにより、毎週毎週同じ曲聞くんだから多少好きにはなるわな。
だから、単純にアニソンクオリティが上がったとか、J-popのクオリティが下がったとは言えないけどね。


ただある意味、特定の方向に突っ走っている分、アニソンの方が特徴的で面白かったりするけどね。あとは、たまに単純に楽曲としていいものもあるし。
Godknowsなんてハルヒが歌ってる所を見た事がないけど好きだし、JAMの歌は作品殆ど見た事ないし知らないヤツばっかりだけど好きだし、武装錬金だって見た事無いけど真っ赤な誓いは好きだし。マクロスに至っては楽曲は評価するけど、マクロス自体はそんなに面白いってもんでもないもしなw
当然、アニソンだから良いってもんでもないけどな。結構ひどいアニソンも十分沢山存在してる。アニソンだから良いなんて誰も言ってないんだけどな。

特徴的という点でアニソンはJ-popと違って、誰もが「良い」と言うもんでもないんだろうね。ある層には受けるけど、ある層には受けないみたいな。絶望先生のOPなんて明らかに人選ぶからなw ってか、音楽に限らず、作品ってものは本来そうであるはずなんだけどねぇ。人の好みはそれこそ60億通りある訳だし。自分が良いと思ったものを取り入れていけば良いだけの話。流行だの周りだの気にする必要は無いのよね。



かたやJ-popはどうだろう。衰退したかどうかは知らないけど、つまんないってのは昔からかなぁ。無難と言うかなんと言うか。まぁ、あれはあれでそういうモノだから別にケチつける気もないけど。その中でもたまに良いモノも出てくるしね。
ただ、バリエーションは全く持って少ないけどな。どこ向いてもにたような歌詞と、にたような歌ばっかり。最近の日本のパンクも似たようなもんだが。ま、特徴的な音楽を大衆が好きになる事は無いからな。商業的観点で考えれば、至極当然なんだけど。


で、よく洋楽を引き合いに出したりするけど。あれはもう別次元ですからw あいつらの歌唱力や表現力、スケールのデカさ等々、日本とは比べ物にならないくらい凄いからね、あっち。ただ、洋楽と言ってもてんで駄目な人達もいる訳で。洋楽だからと盲信するのもちと怪しい。


基本的に日本は模倣よりも、他国のモノを日本なりにアレンジして独自文化にしてしまうという所が強みな訳で。そういう、「俺たちにしかできない音楽」みたいなのを追求していけば良いんじゃないのかなぁなんて思う。
引き合いに出して申し訳ないけど、日本語のラップとかHipHopなんてお世辞にもカッコいいとは言えない。中身スッカラカンも多いし。けど、真似バッカリしてないで日本人の日本人によるHipHopとかを目指すと、それもグッと面白くなると思うのよね。



日本人という事にコンプレックスがあるのかなんなのかは知らないけど、もっと日本人であるという事に自信を持ったら良いと思うんだけどね。