Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

チャレンジ精神

洋ゲーがなんでおもしろいのか?
きっと、日本にはないチャレンジ精神みたいなのがあるからじゃない?

まぁ、洋ゲーにだって二番煎じ三番煎じはあるけどさ。セインツロウなんてもろGTうわなにをすあwせdrftgyふじこ


日本はどちらかと言うと、既に完成されていて、人気も確定されているものしか作ってない気がする。まぁ、それが売れてしまう国だからどうしようもないけど。
RPGにしたって、海外は既に別次元のRPGに進化(派生と言うべきか?)してるけど、日本なんて未だにファミコンレベルのシステムでRPG作ってるもんな。どんなに待ったって、日本じゃオブリビオンやフェイブル、フォールアウトみたいなRPGは絶対出てこないんだろうな。そういう意味で、日本のゲームは遅れてるなぁと思う。別に同じようなもんを作れとは言わないけど、進化をやめてしまった感はあるよな。
にしても、レールが敷かれた人生を嫌がるくせに、レールが敷かれたゲームを好むとかなんなんだろね。


ビジネスでもそうなんだけどさ。なんか頭が固まっちゃってるよね。「これはこうだからこうでなくてはいけない」ってのが無意識下に根付いちゃってるのかなぁ。まぁ、手堅く稼ぐのも悪くはないんだけどさ、どっか1部署くらいは型にとらわれない破天荒なことしてても良いと思うけどね。それが開発であり、研究でもあるし。で、それが成功すれば、それをベースに手堅くまた稼げばいい。
常に新しいことをやる必要は無いけど、常に違った角度の視点は持ち続けるべきだよね。

勤務時間とか、給料とか、これとか。今の日本社会は変えなきゃいけない課題が山積みですな。あ、もちろんゲーム業界もね。