読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

悪魔城ドラキュラ奪われた刻印 レビュー

若干、今更ですがお送りしますw

毎度おなじみ悪魔城シリーズの最新作。書き込まれたグラフィックと音楽が売り?の2Dアクションゲーム。今回も特に前作からの関連性が無いもの。ベルモンドはいい加減やめたのかしら…。まぁ、あながち完全無関係ってわけでもないんだけどさ…。

感じとしてはまぁ、いつもどおり。うん、ホントにいつもどおり。特に目新しいシステム等があるわけでもなく、普通です。それが安定したおもしろさを与えてくれているといえばそうなのですが。

システムは普通、というかいつもどおり。新しいといえば、武器や今までのソウルやスキル的なものは、今までのようにアイテムなどではなく、敵が落としたり随所に配置してあったりする刻印を吸引することで使用可能になるということくらい。それも、ぶっちゃけ拾うか吸うかの違いでしかないのでどうと言うものでもないんですが…。
今回装備できるのは、両腕(武器などの主に攻撃に使うもの)と背中(変身したり召還したりサブ的なもの)の3つ。両腕の武器の組み合わせにより様々な合成攻撃が出来るのが特徴。とはいうものの、これといってわかりにくい組み合わせも特に無いし、種類もそれほどでもないので、ちょっと中途半端な感がします…。で、今作の武器はいつもどおり斧やら槍やらあるのですが、それぞれの特徴差があまり無く、ちょっとつまらないラインナップに。どれも使用感覚が大差ないので、どんな武器を使おうか考えたりする楽しみが減ってるかなぁと。
あと、大きいところでいえば、悪魔城内を探索するという従来のスタイルではなく、RPGのように様々な場所に行って、そのダンジョンを攻略するというもの。これは個人の好みだけど、自分としては広大な悪魔城内をあっち行ったりこっち行ったりしながら探索するのが好きなので、こういうのはちょっとどうかと。案の定、それぞれのダンジョンが単純な一本道のつまらないダンジョンばかりになってしまっていて残念。
そういえば、今作には村があって、そこにいる人たちのお願いを聞いてくるというクエストがあるんだった。公式HPの4コマでもネタにされてるけど、ホントにおつかい。タダのおつかい。しかもレアアイテムなどを要求してくるから性質が悪い…。まぁ、これはシリーズにずっといえることなんだけどさぁ。レアアイテムを取るために何度も敵を倒すって作業がいい加減苦痛なんだけどねぇ。
難易度は普通。いつもどおり。こうしてみるとホントに何から何までいつもどおりだなとwまぁ、それが悪いってわけじゃないんだけどさ。


総評としては「いつもどおりに楽しめる」って感じ。よく言えば安定していて安心してプレイできるけど、悪く言えば目新しいところが特に無くてつまらないといったところ。まぁ、これが楽しければDSの過去作も問題なく楽しめるんで、いいといえばいいのかな。
要望をひとつ言えば、次回は悪魔城ダンジョン一本で文字通り“探索型”アクションゲームにして欲しいな。