Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

テイルズの歴史







スーファミ版ファンタジアが出たのが95年。なんだかんだ言って、テイルズとの付き合いは14年になるわけですが。
しっかし、こう改めて言ってみるとすごいよな14年とかw俺いくつだ?小学生じゃねーかwそんな俺がいまや20才も超えたんだよなぁ。俺の人生の半分以上がテイルズで出来ているという不思議wにしても、相変わらずこういうの好きなのって子供ってことなのかなぁ?
ファンタジア、デスティニー、エターニア、デスティニー2は何週もしたけど、それ以降はほとんど一回しかしなかったなぁ。歳かな…wま、何週もしたくなるものが少なかったってのもあるんだけどさ。でも、最近のヴェスペリアとハーツはもっとやりたいんだよねぇ。さすがに社会人になってしまってそんな時間は無いんだけどさぁ。

とかいいつつ、シリーズの秘奥義集とか見てると「やっぱりどれもおもしろかったなぁ」なんて思えてきたりねw

個人的にはエターニアがやっぱり一番すきかなぁ。まぁ、やってたのが多感な時期だったからねぇ。そういうのもあると思うんだけど。OPとか聞いてるとあの頃の思い出が(´;ω;`)冷静に聞くとそんなにすごい曲じゃないんだけどねwエターニアにくっついてるってところがまたね。
当時としてはエターニアの戦闘システムは画期的だったんだよねぇ。合体技や秘奥義の元祖だし。ラスボス戦時の極光壁の演出なんて今見てもすごいなぁっておもうし。


今でこそ洋ゲーばっかりやってるけど、こういう日本語じゃないと伝わらない、日本人じゃないと作れないものってのも良いよね。ハーツやってて改めて思ったわ。



あ、そういえばテンペストイノセンスはやってないな…。一応テイルズファンとして買っておくか…。まぁあれだけどw