Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

言葉

生の“生”の言葉はフィクションのソレとは重みが全く違う。


生きるか死ぬか、殺すか殺されるかの世界を生き続けてきた人たちにとって今の世界はどういった風に映っているのだろうか。


もう数年、十数年、数十年もすれば戦争を体験してきた人たちはこの世を去ってしまうだろう。
僕達はそれをそのままにしていて良いのだろうか。このまま何も考えずに生き続けても良いのだろうか。




不謹慎なことを言う。前もって謝罪する。申し訳ないが、人という生き物はこうしないと「生」というものを実感できない欠陥生物なのかもしれない。戦の記憶、戦争の記憶はどの時代にもある。でも、ソレがなくなることは無い。僕達は生きているうちに必ずこういうことを体験しなければいけないのかもしれない。


そんなことをしなくても、生きたい、生きていたいと強く思い続けることが出来ればどれだけ良いことか。





人とは愚かな生き物だ。