Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

情報弱者は情報以外でも弱者なんじゃないのかなぁ…という危険なタイトル

情報弱者と呼ばれない為の四つの心得 from 脳髄にアイスピック


ちょっと面白い記事を見つけたので紹介してみる。
オチがちょっと面白いw



ところで。情弱といわれないためにこの人は4つ(4つ?)提示しているが、個人的には「情報は勝手に流れてくるものではなく、掘り起こすもの」という一つに尽きると思う。

まぁ、ひねくれた言い方をすれば情弱などという言葉自体ネットスラング的な要素を持ち、現実世界ではほぼまず使われたり、けなされたりすることが無いであろう言語であるという点から、この人の提唱する「ネットとかしない」という心得は非常に的を得ていて云々…。


というのはさておき。大事なのは幸せは歩いてこないだから歩いていくんだよ精神だと思う。得た情報の先が幸せに繋がってるかどうかは知らないが、情報は幸せと同じで待ってれば勝手に流れてくるものじゃなくて、自分から探さないといけないものなんだとまず“認識”することが第一歩なんじゃないかと。

確かに、嘘を嘘と見抜けるようになったりとか、とりあえず疑ってみるとか、そういうのは間違った情報を掴まないようにするためには必要かもしれないけど、深刻なのはそういう段階にすら到達しないマジモンの情弱が居るって言うこと。
こういう姿勢は、世間の情報をどれだけ得ることが出来るかという部分以外でも如実に現れていると思う。自分の手で新しいものや、自分に有用なものを探そうとせず、テレビや雑誌などマスメディアで取り上げてやっと目を向けるようなそういう人達が多すぎるんじゃないかと思う。


まぁなんでそんなことを言うかというと、本当に良いものが売れず、大してよくも無いものが売れてしまったりする世の中に辟易しているからナワケデ。全てが全てそういうものではないということは重々承知しているんだけど、「何でコレが売れないんだ?」とか「何でコレが売れてんの?」って言うものを見るたび「あ~ぁ」と思うのである。




とまぁ、そんなことを俺が行っていたところで何にもならないので、オレもベテルギウス星にでも行った方が良いのかもしれない。