読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

国民総お客様

ちょっとヒトコト
どうでもいいことだが、最近じゃあんまり言われなくなったけど、若者の○○離れってあるだろ。
あれって「相手が何かしてくれる」ってお客様根性の現れだとおも。

自分は悪くない。相手が悪い。なんで買ってくれないのヤダヤダ。



シャープが最近アレなのも上層部が悪いんでしょう?なんか老害ってのはあながちマジなのかと最近思う。



大手広告代理店に勤務する同年代の知人からこんなことを言われた。

「自分が新入社員の頃は、社会人になったらすぐにローンを組んで車を買うのが当たり前で、イキがってる奴は外車を買った。ところが、今の新入社員は入社から4か月経った今でも、誰一人として車を買っていない。理由を聞いたら、逆に『どうして車が必要なんですか』と聞かれたよ。いや~、驚いたね」? 「若者のクルマ離れ」が言われて久しい。




大手広告代理店に勤務してるくせにこんな事言うんだから、仕事できませんって宣言してるようなもんだろ。








というか、世の中国民総お客様状態だよね。自分は客だから偉い。自分は客だから相手はいうことを聞いてくれる。自分は客だから相手はすべて読み取って動いてくれる。

客である前に、お互いに人間なのだということをどうもわかっていない人間が多い気がする。
この間読んだ本に、「ただ黙って店内をウロウロする人や、遠慮して目的や要望をはっきり伝えない人はお店にとっての大切なお客様になることは難しい」とあった。びっくりした。こういう方向の意見を初めて見た。
仕事をする上では、ほうれんそうだとか偉そうなこと言ってるくせしやがって、いざ客になると何も言わず、店員が絶妙なタイミングで空気を読んで駆けつけてくれると思ってる。で、声かければかけたでうざいというし、掛けなければ掛けないで何故声をかけないのかという。

オレはコミュ障だし、喋るのは苦手だけど仕事上黙ってるわけにも行かないから、無理して喋ってるのに、世の中の人間はなんでこんなにも喋らないんだろうと不思議でならない。オレですら喋る努力をしているのに。



「お客様は神様です」って言葉は20世紀最大級の過ちだったと思う。
その言葉の真意がどうであれね。