読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

トラパーの波を生み出して全力でリフる

チラシのウラ
今日のさんま御殿を見ていて思ったんだけど。

最近の子…というか、年頃の女の子は何時の時代でもそうなのかもしれないけど、「空気を作ってそこに乗って滑る」ということに全力投球なんだなと思った。

というか、年頃の女の子って何であんなに常識がなくて品がなくて馬鹿でアホなんだろう。
おとなになったらそんなでもないのにね。一回ああいうバカしないと大人になれないの?
それとも本質は変わってなくて、ダタ取り繕うということを覚えただけ?


まー話し戻るけど、
ギャル語とか、意味とか由来とか本当はなくて本当に文字通りその場のノリと空気だけで言葉を使っているというか。
出演者も言ってたけど、「なんとなくなんすよ」「なんとなくわかりますよね?」

うん、わかる。わかるんだけどさ。それってそんなに重要なのかなとオレは思っちゃうけどね。

何事にも意義や意味を見出そうとするのは悪いクセかもしれないけど、これって本当に何にもならないじゃん?
そんなスッカラカンで何にもならないことで爆笑したり常識を逸脱したりする意味がわからない。

とはいっても、どちらかと言うとこういう人たちのほうがこの世の中では「正常」に近いんだなと思った。異端はこいつらじゃなくてオレだと。
そこに乗れないから社会からも孤立するんだよな。
そんな社会糞だわと思うけど、しょうがないしね。



それにしてもなんというか。いわゆる「正常な人間たち」はその人が好きだから付き合うとか、尊敬できるから付き合うとか、有益だから付き合うとかそんなことは本当に無いんだなと。
「あたしたち友達だよねー仲いいもんねー」という、ものすごく薄っぺらくて上っ面だけの会話をお互いにしていて、ものすごい上空で会話がスカスカとすれ違ってるだけのようにしか見えなくて、やっぱりオレは人付き合いとか出来ないわとなんとなく確信したりした。


というか、世の中の人付き合いってのは所詮そんなもんなのかな。お互いに仲いいよねーオーラをみんなで発して、そこに発生した空気にただ乗っているだけというか。
だから空気読めとか一々うるさいんだな、最近の人は。黙ってお前も仲いいよねーオーラ出して乗っとけばいいんだよみたいな。余計なことすんなよみたいな。




なんかそれって、凄まじいほど人間関係希薄じゃない?というかスッカラカンやん。アンタたち。

一見友達や知り合いが多い風に傍からは見えるけど、お互いを利用して友だちっぽいことしてるだけじゃん。
そこには本音も意見も気持ちも介在していなくて、ただみんなで友達を演じてるだけ?


コミュニケーション能力がどうこうと言われている世の中だけど、これはコミュニケーション能力ではなくてただの演技力だろ。
いや演技力とすら言えないなぁ。なんて言ったらいいんだろう。友達ごっこ?



所詮友達ごっこなのに、何をマジになっているんだろうか。
友達ごっこなんてしなくても友達作れるだろ。まぁ、数は少なくなっちゃうけど。



まぁ、一つ勉強になった。大事なのは友達ごっこでした。