読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

安さの代償

チラシのウラ
おバカな従業員は「安さ」の代償  BLOGOS Hayato Ikeda


あー夏だなぁ。的なw



まぁ、なんつーか。色々とまわりまわって「安さの代償」となっているなぁとは思います。デフレのせいです(笑)デフレスパイラルが諸悪の根源w

高速バスの件もそうだけど、安くするには何かを削らなければいけないわけで。
というか何かを削ったからこそ、その値段になっているということは頭に置いておいてほしいなとは思うのです。

高速バスの一件があったにもかかわらず、結局客側は「高い」とか「困る」とか言い出すわけで。そういう過去に何が原因で何が起こったのかスッカリ忘れちゃうような人は嫌いです。

価格が安くなれば給料も下がる。給料が下がれば当然教育レベルも下がる。で、そうやって育ってきた子どもたちがバイトとかで働くような歳になったってことですよ。



この記事ではソーシャルメディアによって可視化された。と言っているが、まぁそれもそうなんだけど、それと何をしても良くて何をしたらいけないのかということを理解していない人間がそういうものを使っているっていう部分にも問題があると思う。
最近の子どもたちは、生まれた頃からネットがあって、パソコンやネットなんてお茶の子さいさいで使えるもんだと思ってたんだけど、案外そうでもないらしい。
インターネットというものをそもそも理解していないし、普通ならある自浄作用というのもどうも無いらしい。スマホやゲーム機を簡単に使っているように見えて、実はWiFiの設定の仕方も知らないっていうんだからびっくりだ。
おそらくそういったIT関連のものを一番ちゃんと使えるのは30代だけなんじゃな?いや、感覚だけどw



まぁ、それも含めて今のこの社会全ての現象において「安さの代償」なのかなと思うわけです。それを追求して削ってきたものの反動が、目に見えるところや自分自身のところにまで回ってきたというか。
とかく日本は過剰サービスと言われている社会なので、物だけでなくサービスといった形のないものや当たり前だと思っているものにも「安かろう悪かろう」ということが存在しうるという意識ぐらいは持って欲しいかなと思うところです。

昔の記事にも書いたけど、日本人総お客様根性は互いに首締めるだけですよと。





とはいえ。「笑えばいい」とか言える程度の問題でもないのでそれとこれとは別ですが。
性善説というか、日本安全神話がそろそろ崩れてきているのかな。きっとそのうち自販機からお金が盗まれ始めるな。



それにしても、このせいで休業とか経営者も首くくるレベルだな。可哀相に。
雇ったのは自分だから自業自得か?