読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

有料メルマガは儲かるのか

最近流行っている…と言われているメルマガだがどうなのだろうか。

メルマガという媒体自体はかなり古く、別段目新しいサービスというわけではない。
今一番有名なのはホリエモンだろうか。彼のメルマガは億稼いでいるとかいないとか。

ただこれもTwitterと同じで、その人自体が(どういったジャンルや形態のものであれ)有名人であるかどうかというのが99%くらいを占めている気がしないでもない。
その辺の一般人が配信して儲けるのは土台無理な話だとは思う。

ただ、そのメルマガにマジで冗談抜きにお金を払ってでも読みたいような情報が載っているのなら別だが。
だが極端な話、そんな情報を持っているのならメルマガ以外でも稼ぐ方法がある。そのビジネスの中の一部としてメルマガでもちょっと稼ごうかなってスタンスだろうなとは思う。

そもそも、ネットという物自体が「無料である」という認識が意識の中にある以上、たとえ数百円だとしてもそこからお金を出してもらうというハードルは他のものよりも高いんじゃないだろうか。

それに一個人の意見だが、メルマガほど読みにくいものはない。元グラフィックデザイナーから言わせてもらえば、見やすいようにデザイン・レイアウトされていない文章というのは、思っている以上に読みにくいし読むのにちょっと踏ん張りが居る。毎回デザインされた紙面をPDFで送ってくるのならまだしも、HTMLで送られてくる文章の表現には限界がある。
なおかつ、有料というところを意識してだろうと思うが内容もある程度の量があるものが多いと思う。そりゃ、何百円払ってんのに短い文章ってのもあれだろうってことなんだろうけど。

また、メルマガにお金を払うような人種であればおそらく新聞も読むだろうし、ネットのニュースもチェックしているだろう。TwitterFacebookといったSNSもチェックしていることだろう。
そんな中に有料メルマガという、また読むのにある程度の時間を要するようなものを差し込んで、すべてちゃんとチェック出来るのだろうか。


という意味では、一体どんな人達が何の目的でこのご時世にたかがメールマガジンなんてものにお金を払っているんだろうと不思議ではある。
ちょっとサンプル等も見てみたけど、相当な文章量でスマホで読むのは流石に疲れるレベル。内容も「金払うほどか?」とも思うが、毎週あれだけの内容をまとめて定期的に送ってくるのならまぁわからなくもない?
やはりネームバリューなのか。そういう意味ではなんでもいいからとりあえず有名人になるというのは、どんな夢であろうがそれを叶える強力な一歩になるなと思った。
某大家族の奥さんしかり、某元アイドル社長しかり。まぁ、それも難しいがw




それにしても。最近の情報量の増加の仕方はちょっと異常事態かなとも思う。
自作HPやブログという時代から既に一般人が発信するということは存在していたのだけれども、昨今のTwitterFacebook等のSNSから、今までとは比較にならないほどの量と、今までとは比較にならないくらい何の役にも立たない情報が、いつでもどこでもネットにつながっているという携帯端末に、お構いなしで24時間入ってくる、という状態はあまり健全な状態ではないかなと思う。

歳のせいなのかもしれないが、それらの情報を自分の中で取捨択一していく作業がかなり疲れる。が、それをしないと欲しい情報が入ってこないので仕方なくやってはいるが、もしその情報が自分の中で不必要という形になればこんなもの投げ捨ててやりたいレベル。

そういう意味では、ビッグデータでもなんでも活用してオレに必要な情報だけをくれ、と思うのだが横着だろうか。

まぁどうせ一過性の流行だろうから何年かしたらどんだけ減ってるかはわからないけどね。
Wiiもすっかり相手にされなくなっちゃって。だからやめとけと言ったのに。

プレステとXboxの新型が出ますがそろそろ冗談抜きでゲーム業界が潰れるかもしれませんが。
現行の機種での発売本数やバリエーションを見るに、次世代機投入の判断はまだまだ早かったのではないかなとは思うけどね。
開発費は高騰し、Wiiで広がったかに見えた裾野も終わってみれば流行りに乗っかったユーザーどころか元いたユーザーすら去りだす始末。結局開発費がペイできなければソフトも出ないわけで。
そんな業界に未来はないよねぇ。そういう意味では音楽みたいにインディーズの受け入れをもっと寛容にしたり、極端な話を言えば誰でも作って公開なり販売なり出来るようにしたほうがいいんじゃないかなとも思う。
もはやゲームはおもちゃではなく、映画や音楽のように一つのアートのジャンルと言っても過言ではないのかなとも思う。だからこそ、だれでも開発できる環境というのが必要なのかなと思うんだけどね。




ま、話はずれてしまったが。
色々と変わっている世の中に対応する、先を見る必要があるってことよ。

ということで、オレがアイディアを出すので誰か買ってくれ。