Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

増税しましたが

消費税10%に備え景気対策に1兆円?~「政治は結果が全てなんです」という言葉を思い出せ

増税の影響に対する景気対策に1兆円を出す。
確かに本末転倒です。


が、そんなことはどうでもよくて(いや、よくはないんだけどさw)

消費増税の目的は一体何処にあるのかな?ということが気になる。
というのも、ぶっちゃけ今の国の予算を見ればわかるけど、歳入と歳出の差があまりにも大きくて何かの税金を増やした程度では到底追いつけるものじゃないんだよね。
それこそ、全国民の収入の50%を税金としていただきます!とか言うのなら足りるのかもしれないけど、今回の消費増税は5%から8%のたった3%。将来的に10%になったとしても上昇分はたったの5%だ。

正直な話、歳出の約半分を国債で賄ってるレベルなんだから、その程度上がった所で焼け石に水。

その上、景気対策に1兆円も出せるあたり、増税に本当の狙いは税収アップなどではないのではないか、と思ったりする。
だからこうして景気対策に平気で1兆円も出せるんだ。だって、別に懐がさみしいわけじゃないんだもん。



そう考えると、何が目的だったのかなぁと邪推してしまう。ま、良い方向には行かないだろうなとは思うが。




それにしても、日本は景気対策、というよりも国の経済を根本から見なおしたらいいと思う。
何を持って収入を得るのか、何をしたら収入を得ることが出来るのか。
観光なのか、工業なのか、ITなのか、娯楽産業なのか、二次元コンテンツなのか。

そういう方向性をまずは見据えたらどうかね。