読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

今後据え置きハード市場はどうすべきなのか

チラシのウラ
日本据え置きハード市場の現状とテレビゲームの崩壊

記事の内容は、端的に言えばハードが前世代ほど普及していない、普及が遅れている。
それにより、今までのビジネスモデルが崩壊しつつある。と言った感じ。


そうねー。難しいよねぇ。
このなんとなくよくない流れはPS3の世代からだな、と個人的には思ってみたり。

Wiiがなまじ流行ってしまって、妙に売れてしまったせいでプレイステーションにソフトが集中しなかった。
おまけにXbox360も、脅威といえるほどじゃないけど、邪魔というか厄介な存在だった。

それが原因で盛り下がってしまった据え置き市場が、そのまま崩壊への道をズルズルと進んでいる、って感じかなぁ。



一番良いのは、ファミコンスーファミ、プレステ、プレステ2、のように圧倒的な強さのハードがあること。
ぶっちゃけた話、諸々の問題はこの点だけクリアしてしまえば大抵上手く行きそうな気がしないでもない。
まぁ、そう簡単にそんな風にはならないけどさ。各社の利益ってもんもあるしね。




しかしやっぱり一番悪いのはWiiとDSが流行ってしまったことか。
別に任天堂が悪いってわけじゃなくて、それが”流行ってしまった事自体”があまり良くなかった。

新規で獲得した層はほとんどゲームを買わない層で、ハードを買ってもそれは変わらず。結局これの大半は今スマホでゲームやってると思う。

そして、革新的なインターフェースをサードが上手く活用できなかった。
あのリモコンでしか出来ない、あのタッチパネルでしか出来ない、すげー面白いゲームがビシバシ出ていたら、きっと据え置き市場もここまで冷え込まなかったと思う。
そしてソニー天下はPS2で終演を迎えて、再び任天堂天下の据え置き市場がやってきていたんだろうなぁと思ったり。
サードのせいにするのもカワイそうだけど、この点も言ってみればゲームを作れなかった開発力の無さが見え始めていたってところなんじゃないかな。


で、あれよあれよと言っている間にハードはもう次世代へ。
開発する技術も資金も無く、ソフトを出せず、利益を回収できず、やっぱり開発できない、という負のスパイラルへ。



個人的には、この状況を打破するために無理だとは思うけど”旧世代機でソフトを作る”という時代に逆行する行為を提案します。
PS2Wiiでまだまだソフトは作れる。PS2はさすがにちとキツイかもだけど…。
そこで新しい”日本のゲームのスタンダード”を作って欲しい。

海外では既に、巨額の開発資金を投じてオープンワールドなハイクオリティなゲームを作って世界に売る、ってのがスタンダードになっていると思うけど、日本でそれは無理なので、日本の新しいやり方を模索して欲しい。

とはいっても、PS3やPS4で”模索”しているほど余裕が無いのもわかるので、なので旧世代機で作ってくれって話なの。
ビジネスモデルもそうだし、ゲーム自体も新しいものを作って欲しい。
PS3にもなってターン制のRPGとか作ってるからダメなのよ。そういう新しいゲームのジャンルじゃないけど、今までやらなかったことは性能的に出来なかったから、というのも多いはずだからその辺も頭を切り替えてほしいなと。


そしてインディーズにも開発させて、販売もできるようになるともっと良いかな。


そう考えると、まだまだ打つ手はあると思うのでぜひとも据え置き市場の復活のため、誰に言えばいいかわからないけど頑張ってもらいたいですな!