読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

500円金券では誠意感じず

チラシのウラ
ベネッセ集団訴訟「1人あたり1~10万円」請求へ 「500円金券では誠意感じず」

最近ブログを更新しないのは、例のごとくゼノサーガ動画を作っているからです。
まぁいいのよ。見てる人居ないからね。


で、本題ですが。

かの、ベネッセの情報流出事件。ベネッセ側は情報が漏洩した対象者に対して500円の金券を配ることで対応をしたわけなんだけど、その対応に納得出来ない人達が集団訴訟を起こすそうです。

請求金額は一人頭一万~十万円。

弁護団団長 眞鍋弁護士は「子供はこれから一生不安を抱えて生きていくことになる。ベネッセ側の対応はあまりに誠意を感じない。」と言っている。



この間のリーガル・ハイの影響か、ぶっちゃけたかりにしか見えない。
子供が一生不安を抱えることになるんだから金をくれ?
何じゃそりゃ。
ってか、一生の不安とか言いつつ数万円程度で良いのか?
お前の子供の将来の不安ってそんなもんか。


それに。こういう、本当の目的や意図、意志を言わない人は信用出来ない。
金がほしいのか、ベネッセに潰れて欲しいのか、社長に土下座してもらいたいのか、私がわるぅございました貴方様が全方位において正しいですすいません、って言って欲しいのか。
それがなんだって構わないけど、そういった”本当の目的”ってのがあるでしょ?
でもそれを隠して、「誠意を感じない」とか言ってんでしょ?
「子供の将来」なんて言葉を盾に、自分のどす黒い腹の中隠してんでしょ?
いやだなぁ、そんな親は。


それに、本当に子供の将来を願うならもっと違う上に非常に効果的なやり方なんていくらでもあるでしょ。
個人情報漏洩を無くしたいのなら、情報を提供した覚えのないところからDMとかが来たら片っ端から訴えてやってもいいじゃん。幸いにもあんた弁護士なんだし。
個人情報を買ってDM等を送りつけるマーケティング方法が気に食わないなら、最大手の電通でも訴えてやればいい。
そうやって訴えまくって、そういったマーケティング手法は割にあわないと広告代理店や企業が思えば、個人情報というものに金銭的価値が無くなるんだから、ベネッセ訴えて数万円もらうよりよっぽどいい。


そういう方法を取らないという時点で、子供の将来を本気で考えていないのなんかバレバレなんだよ。
素直に金が欲しいですといえやこら。それなら別に文句も言わんわ。頑張ってふんだくってこいや。









個人的には「誠意」という言葉は大嫌いだ。
使う側が非常に有利に働く言葉で、この言葉を使うのはフェアじゃない、と俺は思う。


その裏で。
「誠意が伝わる5つの謝罪ポイント」なんてサイトもあったりする。
結局は”そう見えれば”いいだけであって、腹の中なんてどうでもいいんだよな。

俺はどちらかと言うと、行動とか見た目とかよりもその腹の中を重視するけど、世間の人はどうも逆で、腹の中なんて気にして無くて見た目が良ければいいらしい。

大事なのはそこじゃないのにな。
そういう物事の根本を理解していない人が口にする「誠意」なんてな。



俺から言わせてもらえば、この弁護士のやっている仕事にも誠意を感じないけどな。