Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

平成最後の夏…だから何?

 個人的にはいつ死んでもいいように生きているつもり。

別に所帯持ちとかではないので、自分が死ぬことによる物理的不具合ってのは無いはずなのでそういう部分じゃなくてね。

なんというか、やりたいことをやり、気に入らないものは突っぱねる。そういう感じ。

 

というか、何をやり残したら死にきれない?何があったらもっと生きていたいと思う?個人的にはこのあたりがよくわからない。正直、童貞卒業出来てる時点で「どうしてもコレだけはやりたかった!」っていうことなんかもう無いし、生きていて幸せを感じることも特に無いので、もっともっと生きたいんです!みたいに思うこともない。と言うかむしろ早く死なせてくれ、って感じ。生きてるなんて辛いことしか無いよ。それをどれだけ紛らわせられるかどうかってだけの話で。

それに人はいつか必ず死ぬ。遅いか早いかの違いだけ。

 

 そういう観点から行くと、平成最後だから!みたいなのって、だから?とか思っちゃう。皆そんなに何か後悔するような生き方してるんだろうか?

そんなに何かをやり残し、そんなにこの世が幸せいっぱいで未練があるのだろうか。

 

 

不思議でしょうがない。

 

 

そういえば飽き性の自分が3ヶ月連続で毎週毎週、車なりバイクなりに乗ってどっかに出かけてますよ。案外飽きないもんだな。自分でびっくり。

ただいつ飽きてしまうんだろうって恐怖と、もしコレに飽きてしまったら何を支えに毎日生きていけばいいんだろう、ってところが怖い。

正直スイスポとCB250Fとセントジョーンズワートが無くなったら、今度こそ家から一歩も出られなくなりそうだ。