Goin'にMy Way.

俺の記事を読め!すべての内向型人間に贈る社会派サブカル悟り世代バラエティーコラムGoin'にMy Way、ごらんのブログで更新中☆

ギターが1日やそこらじゃ弾けるようにならない理由

ギターってすぐは弾けませんよね。

まぁ大体早くても2、3ヶ月くらいやらないとなんとなく形にすらなりません。

 

 

でも2、3ヶ月って結構長いじゃないですか。そんなに待ってられないじゃないですか。

とはいえその最初の2、3ヶ月をスキップする方法はないです。

でもなぜ時間がかかるのか原因を知れば多少はじゃあしょうがないかって思えると思うのでちょっと書きます。

 

 

端的に言えば原因は慣れと筋力です。

 

慣れ。例えば左手で字を書くとか、包丁でネギとトントンとリズム良く切るとか、これらは器用不器用の話ではなく実は慣れです。

スマホフリック入力とかだって慣れです。

頭で覚える。体で覚える。そうすることでこういう事ができるようになります。

ギターも一緒でそもそもギターを弾く動きって日常生活において近い動きってのが何一つありません。

左手で弦を抑えるのも右手でストロークしたりするのも、日常生活のこういう動きに似てるからその感じでやればいいんだよ!みたいなやつが全くありません。

もう全くもって新しい全く別の動きです。ギターを正しく持って立つってことすら初心者にとっては全く新しい動きです。

なのでその全く新しいことに体がなれるのにまず時間がかかります。

 

 

あとは筋力です。慣れの所で書きましたけど、ギターを弾く時に使う筋力は日常生活ではまったく使いません。

なので筋力も足りないし動きも硬いです。筋肉って筋トレしてたらどれぐらいで付きますか?効果が見えるまで1ヶ月くらいはかかりますよね。ギターも一緒です。

ギターを弾くのに必要な筋肉がつくまで時間がかかるんです。

でもたまにスポーツやってたり体格が良かったりする人はその筋肉を既に持っていたりするのでそういう人は弾けるようになるまでがちょっと早いです。

 

 

 

そうとわかれば何ヶ月かかかるのはしょうがないか、って思いません?

今何歳かわかりませんが、平均寿命80歳になるまでギターは弾けるんです。あと何十年ありますかね。

そう考えれば焦ること無いんじゃないかなと思います。

指が痛い、手が疲れる、それは皮膚や筋肉がギターに適応しようとしている証拠です。また一歩ギタリストに近づいているぜ!と思えば痛みも楽しくなってきませんか。

 

 

 

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 感想

完全に蛇足

 

 

アマゾンズで笑ったのは初めてだわ。

コメディーです。

 

 

シーズン2はあれの続きってどうするつもりなんだ??って思ってましたけど、ありとあらゆる要素をすべて悪い方に進ませるっていう絶望してたのに更に絶望の上塗りされる感じが衝撃だったんですけど、

これはまぁ文字通り蛇足です。

脚本が靖子じゃない時点でわかりきってたことなんですけど、悪い意味で予想通りです。

 

最後の最後で美月を襲うシーンとかが1カットでも入ってたらまだアマゾンズしてるんですけどそういうのもないですし。

 

アマゾンズって死力を尽くしてお互いいろいろなものを失いながらも戦い続けて最良だと思う選択肢を選んでケリを付けた結果自体が暗転して予想の斜め下を行くものだと思うですよ。

死んでも死ねない死なせてくれない、守ろうとしたものは暴走し人を喰い漁り、信念を貫くために道理を曲げ、そのくせ己を食らったものに理解を示し、そんな両極端な矛盾を両方内包して壊れながらも進んでいく姿が衝撃的であり魅力なわけで。

それがないのでこれはアマゾンズでありながらアマゾンズではないのですよ。

 

シーズン1,2が好きなら観なくても大丈夫です。

駄作というほどひどくはないですが別に見なくても大丈夫です。

 

 

 

 

俺ならどうしようかな。

遥かはあのまま人喰いになり、強くて止められないからとんでもない数の人間を喰うようになり

美月はあそこで喰われて死に

仁はサイボーグにしてアマゾンを増やしながらアマゾンを喰わないと生きていけないからだにして、マッチポンプで稼ぐ奴らのおもちゃにされ

 

いやむしろ全人類をしれっとアマゾン化させて残りの人間争奪戦にしてもいいか

今ならコロナの分断と重ね合わせることも容易いから、人を求めて直接交流をした結果その相手を食い殺すことになるとか、会食でアマゾン感染して翌日オフィスが血の海とか、学校でアマゾンが増産され人の味を知らぬまま社会に出ていって社会で人の味を知り食い散らかすとか、人間の味を求めて隣国に攻め入るとか、うまそうな人間オークションとか、アマゾン牧場をやっていたがむしろ逆で人間牧場にしたほうがよかったなうん。

人を喰うのが当たり前の世界にしたほうが最終章にはふさわしかった気もする。

結局何が描きたかったのかわからなかった水星の魔女

人殺してまでガンダムやめさせたのにガンダムが当たり前に出てくる

 

デリング殺しに来たはずなのに余計なことばっかりしてるし、肝心のデリングのシーンは数秒で終わる

 

グエルはたった1機のMS相手にしただけで行動不能まで破損して一体何がしたくて出てきたのか

 

ジェターク親父は探してたとか言ってたけどそんな素振りは今まで1ミリもなかった

 

そもそも親父もなにしに出てきたんだ?たかが1機のどこの誰だかもわからないMSを追いかけ回して

 

戦闘中は通じない通信がころした瞬間に通じる不思議

 

モールス信号っぽい光はブリッジからは見えないのに「今何をしたの?」ってコンパネいじいじしてる姿しか見えないはずなのに

そしてそれ観られたくらいでなぜそこまで焦る

 

自分が殺されるかもしれないって瞬間に仲間が敵ころしたからって何?

 

 

 

 

結局学園での決闘をあんなに何回も描く必要はなかったし、

この終末に帰結するならエランなんかに回数咲いてる余裕はないし、

早々に会社設立するなら決闘やってまで学園設定もいらなかったし、

そもそも学園やりたいなら決闘よりもやることあったはずだし、

無駄にキャラ数だけ増やしてほとんど描写しきれてないし、

登場MSもみんなただやられるだけだし、

結局学園と百合と無下に殺される被検体と父殺しと手のひらビターンがやりたくてそれをただつなげただけみたい

 

 

 

 

とまぁ、個人的には今季一不満多かったです。

人が死ぬたびにこれがガンダムだとか言うけど、ガンダムってそうじゃなくね?

シン・ウルトラマンを観た感想

 面白かった。アレが一般人に受けるのなら月9は恋愛ドラマなんかやめて特撮ヒーローものをやるべきだ。

 

 

 僕はウルトラマンに執着がない。正確に言えば初代ウルトラマンに執着はない。僕はティガ世代なのでな。

そしてそのティガも自分の中でちゃんと堪能しきったお陰でトリガーをとても楽しく観れた。

 

だけど観終わったあとに一つ気になるのが、何が面白かったのかと言われるとよくわからないことだ。

面白かった。ジェットコースター面白かった。そんな感じの面白さだ。

そしてみんながやっている「私の好きな言葉です」とかをSNSで乱発するオタク仕草のキモさに気づいた。いやオタクがやってんならいいよ。なのに散々オタクを馬鹿にしてきた一般人がそれやるかよ、って。鬼滅のときも思ったけど。

 

 

 気になるところがないわけでもない。

みんなも言っている長澤まさみが尻を叩くシーンをいちいちアップにするところは僕も気持ち悪く感じた。

従来のウルトラマンはスロー再生などを使って重量感をかなり意識して作っているがこちらではそれが一切みられなかった。

リアルだという感想も見られるがこちらとしてはいかにもモーションキャプチャーで撮った動きですといった感じでイマイチだった。その重量がその速度では動かないだろうと思ってしまって。

スペシウム光線の構えをみんな絶賛していたが、ゼペリオン光線を至高の光線だと思っている僕からしたら「何が?」って感じで周りのもてはやし方が意味分からなかった。

演技は…気にならなかったな。特撮の演技はそもそも皆新人なのでむしろうまいと思ってしまうくらい僕のハードルは低い。

 

くらいだろうか。

むしろ一般人のはしゃぎっぷりのほうが気持ち悪かった。

僕は庵野が嫌いなので作品自体よりも周りの人間のはしゃぎ方もてはやし方がダメだった。

こうやってずれたタイミングで観て正解だった。

作品自体は面白かった。でもあの盛り上がり方を見ていたら一気に冷めていたことだろう。

 

ただこうしてゴジラウルトラマン仮面ライダーに新しいお客を引っ張ってきたのはものすごい功績だと思う。

 

 

面白いー普通ー面白くないで言えば「面白い」だ。

だけど別段目新しいこともなく他にはない要素があるわけでもなく、エンタメとして面白いのだが特筆すべきことは特に無いというか、味がないんだけど美味しいみたいなよくわからない読了感だ。

好き嫌いの話で言えばデッカーのほうが10倍好きだ。

 

なんかよくわからない。確かに面白いんだけどよくわからない。なんでみんながあんなに熱狂するのかよくわからない。そんな映画だ。

仮面ライダーBLACK SUN 感想

 うん、良くも悪くも。見どころは中村倫也ルー大柴

自分はギリギリBLACK世代ではないし、RXは全部見たけどBLACKは中途半端にしか見たことがないので思い入れは特にはない。単純にBLACKカッコいい歌好きくらいなレベル。

 

 ポリコレポリコレ言われているけど、ガンダムSEEDナチュラルとコーディネーターみたいなもんで、個人的にはそこまで気にならなかった。仮面ライダーという何かと戦わなければいけないという条件の中でああいう描き方はまぁさもありなんと思うので。

 

ただストーリー的には結局ふりだしに戻っているのでどうせならどちらかに振り切ってほしかった所。こてんぱんに負けるて根絶やしにされるか、人間皆殺しにする為にころし続けるかそれくらいはやってほしかった。せっかく大人向けなので。

 

仮面ライダーBLACKじゃないと思ってみていればそこまで気にならない、といいたいところだけど主題歌流したりされてしまったので、あぁ制作陣はそういうつもりじゃないんだと思ってしまってどう見たらいいのかこちらがわからなくなってしまいました笑

 

ゴルゴムやキングストーンあたりの設定がぜんぜん違うので知っていると余計に混乱知そう。

シーンが過去現在とコロコロ変わるんだけど、個人的には特に気にならなかった。見ればすぐわかるから。

 

主題歌流すならてつをでも良かったじゃん、と思うんだけどストーリー的にはてつをにはできなさそうな気もするので西島さんに変更は正解なのかも。

 

各個の行動動機や求めるものが分かりづらいうえに割りと立ち位置や行動をコロコロ変える人が多くわかりにくい。

光太郎は一貫した何かを持っているが、それが何なのかどうしてそうなのかが描かれないので、どうしてそこまでして戦うの?と思ってしまうかもしれない。

 

信彦役の中村さんがシャドームーンの魅力を怨念と言っていたがそれに関しては禿同。仁とか信彦とかこういう人は本当に好き。変身ポーズの力の入れようも素晴らしい。中村さん見るためにBLACKSUN観てたと言っても過言ではない。

 

役者全員の演技がとてもいい。ニチアサはどうしても新人感がパないんだけど、こちらは皆様さすがの演技。特に平澤さんはあの歳ですごい演技をしている。

 

ルー大柴の首相演技はうまかった。皮肉が込められすぎている。演技もそうだし役どころ行動や醜態、全てに皮肉が込められまくっている。特に国会で原稿を読むあの空虚さ。これマジで何処かから怒られそうな再現度と皮肉。

 

テーマ曲のフレーズが劇中至る所で使用されていて、BLACKSUNといえばこの音楽ってのが印象付けられていてよかったと思う。テレレレーって鳴っただけでもうBLACKSUNになる。

 

 

 

総括すると、面白いー普通ー面白くないで言えば普通。

衝撃度で言えばアマゾンズのほうが遥かに上。グロいからとかそれだけじゃなくてね。

問題を提起して提起しっぱなしなので、極論でもいいから答えが欲しかった所。そうすることで普通に収まらず賛否両論に持っていけたんじゃないかなと。

ギターの挫折ポイント、原因は大体が手

 ギターって挫折しますよね :D

でも良いんですよ、またそのうち気が向いた時に弾いてくれれば。

 

 

で、大体の挫折原因は手だよねって話です。生まれつきの形で明らかにギター演奏に向いていない手ってのが有るんですが、僕はまぁほぼ役満状態でしてねあはは。

 

  • 小指が寝る
  • 女爪
  • 手汗

 

だいたい大きく問題になるのはコレでしょうか。

 

小指が寝るのは手の筋肉が少なくて手が柔らかい人に起こります。

僕なんかデフォルト状態で既に小指の先が薬指触ってるくらい普段から小指の先は内側を向いてるんですよ。なんだったら指板上ではほぼ完全に寝るくらい寝ます。

で、コレの解決法としては、手を固くすることは出来ないので筋肉を増やすことです。これ、ちょっとギター弾き始めたら感じると思うんですけど、ギターやっていくうちにだんだん指が寝なくなってくるんですよ。

今ギター弾いてて左手滅茶苦茶疲れません?1曲持たないんじゃないですか?それ筋力とか持久力がまだ足りないんです。弾いているうちに筋肉がついてだんだん改善していきます。まぁ最初から完全に外向いてる人たちみたいにはなりませんけど…。でもかなりマシになります。頑張って鍛えましょう。

ギター演奏に必要な筋力は握る力ではなく開く力です。脱力状態でネック持ったらもう現に触ってると思うんですが、そこから指を動かすのは握る力じゃなくて開く力なのでギターを触ってないときも開く力を意識して指を動かしてみたりグーパーしてみるといいと思います。

 

 

女爪とは指の先よりも爪のほうが先に出る爪のことです。一般的に美しい爪と言われるのは男爪より女爪です。

ギターの弦は指を垂直にまっすぐ押さえないと他の弦を触ってしまうんですが女爪だとそれが爪に阻害されてできないんですよね。

でもコレも大丈夫。やっていけば勝手に爪が短くなっていきます。だっさい爪になっていきますw

なので今できなくてもそんなに悲観しなくて大丈夫です。

 

 

 

あとは手汗ですがギターにて汗は大敵です。弦が錆びるとか言いますけど一番問題は左手が滑らなくなることです。

汗でネックに引っかかってしまうんですね。これマジで大敵です。

ネット上ではデオドラントを手に掛けようとか、ネックに指板潤滑剤吹こうとか色々ありますけどそれで解決する人はそれでいいと思います。

でも僕は手汗ぱないので1曲どころか1フレーズでもう手汗まみれですわ。

なのでだっさいんですけどネックの裏に養生テープとか両面テープとか駆使して手ぬぐいを貼ってます。

薄くて濡れてもスルスル統べる素材って案外無くてね。本当はシボ加工のABSとかだと一番いいんですけどそんなものないしね。

あまり厚くてもプレイ感覚変わっちゃうので現状ではコレが一番マシかなと思ってます。

 

 

 

まぁそんな感じで生まれつきの形でここまでギター演奏に向いていないのかよ、と絶望するレベルですが工夫と道具とテクノロジーで解決していきましょう。

なんでこうまでしてやってるんだろうな?なんて思ったりするんですがやっぱり音楽が好きで好きでしょうがないんでしょうね。

 

 

ぼっち・ざ・ろっくでギターを始める人へ

実はギター歴だけで言えばずいぶん長いんだけど、実質弾いてる時間は半年くらいなので初心者に毛が生えたレベルなのが俺なのですが。

 

ぼっち・ざ・ろっくで久しぶりにギターが弾きたくなって引っ張り出してきてます。

今はYou Tubeにギター動画が山ほどあって、うわーこういう話が聞きたかったー!って動画が山ほどあって涙が出そうです。学生時代にこれら二出会えていたら…。

メトロノームもタイマーもチューナーも全部スマホにあるし本当にすげー時代だよ…。

 

俺もボッチだったので同じようにバンド組むのが夢なんだ。とか思いながらそろそろアラフォーに足を突っ込んで…ゲフンゲフン

 

音楽って教本だけじゃわからないんだよね。みんなギターの師匠ってよく言うけど結局誰かに教えてもらわないとわからない部分、目の前でコレはこうだよって弾きながら教えてもらわないとわからないことのほうが多くて、そしてそれがすっごく重要なんだよな。

俺もボッチだったのでそういう話を聞く機会がなくて…。今更知ることとか、やっぱりそうなのか!そうだと思ってたわ!みたいなことを動画からいまさら知るっていう状況ですわ。

 

 

 

というわけで今日は初めてギターを始める人に良いことを教えてあげるわ。

 

1.ギターは3万円くらいは出せ

手っ取り早くコレを買えってやつを出すわね。

ストラトといえばフェンダー。そのフェンダーの廉価ブランド、スクワイア。

レスポールと言えばギブソン。そのギブソンの廉価ブランド、エピフォン。

弾きやすいと評判のヤマハのパシフィカ。

このどれかを買っとけば間違いない。まぁ他にどうしてもかっこいいギターがあって俺はコレが良いんだ!ってのがあるならそれが良いよ。

 

値段的にもっと安いのはいっぱいあるけど3万くらい出しとけば品質としては安心。もっと安いのは音が合わないとかちょっとデメリットでかいからあんまりおすすめしないかなぁって感じ。やめといたほうが良いんじゃないかなぁって感じ。買っちゃ駄目とは言わないけど。

 

ちなみに僕はアリアの廉価ブランド、ブリッツのレスポールカスタムです。2万5千円くらいです。3万円出せとか言っておきながら僕は3万円出してません(テヘペロ

 

ちなみにぼっちちゃんのギターはエピフォンの多分レスポールカスタムだよ。多分6万くらいするんじゃないかな。

 

 

2.アンプはマーシャルを買え

アンプと言えばマーシャル。ロックならまずマーシャル。ライブハウスにあるのもみーんなマーシャル。マーシャル以外を使っている人を見つけるほうが難しいくらいみんなマーシャル。だからマーシャルを買え。

そのマーシャルの小さくて安いのにちゃんとマーシャルの音が出る驚異の自宅用練習アンプMG10。

エレキギターといえば、で思い起こす音ってのは基本的に”歪んでいる”音なんだけど、やっすいアンプは歪まなかったり、歪んでもコレジャナイ音が出てくる。

コレなら大体聞いたことある音が出てくるのでおすすめ。何より安い。

やすさで言えばvoxのPathfinder10というアンプが中古なら状態Aで3000円とか激安である割に音がいいのでよくおすすめされるんだけど、音が特徴的でぼっちざろっくから入ったのであればコレジャナイ音なので、僕はこのマーシャルをおすすめするぜ。

 

ちなみにお金がいっぱいある人向けがこの3つ。

コレはお金があるなら僕もほしいやつです。

ギターの音ってギター、アンプ、エフェクターの3つで音が決まるんだけど、初心者耳からするとアンプとエフェクターで95%くらい変わります。

上でも書いたけど同じギターでもアンプが違うだけで全く違う音が出ます。なのでギター選びだけでなくエレキギターではアンプ選びも重要、というかアンプ選びのほうが重要だったりします。

買ったは良いけどなんか思ってた音と違うってのはすごくモチベを削るんですよね。僕の学生時代はそうでした…。当時青春パンク大好きだったんですけど、何を揃えればあの音が出るのかさっぱりわからなかったんですよ。ボッチだったから教えてくれる人も居なかったし。

で、そのお悩みをズバッと解決してくれるのがこの2つ。

自分がほしい音がどのアンプからなるかなんて素人はわかりません。でもこの3つのアンプは一つのアンプの中に何種類ものアンプが入ってるんです。だからそのどれかで多分ほしい音があるはず。

上であげたマーシャルのアンプは”マーシャルの音”しか出てこないです。voxのアンプは”voxの音”しかでないので、ほしい音がマーシャルの音じゃない人にとってはあまり良くないんですよ。だから買ったけど思ってたのと違う、って可能性がゼロではない。

ところがどっこいコイツラにはいくつもアンプが入っているのでその心配は無い!厳密に言えば無くはないけど無い!

だからお金があるならコレを買え。エフェクターも入ってるし自宅練習用としては多分一生使える。

 

 

 

3.ギターって6弦あるけど、鳴らすのは大体2本か3本

意外と知られていないのがコレ。

例えばTHE ALFEE。坂崎さんと高見沢さんがいるよね、二人は使ってるギターも違うけど実は弾き方もぜんぜん違うんだ。

坂崎さんがもってるアコギはさだまさしとか南こうせつとかゆずとかあいみょんとかが使ってるやつだ。

これは大体伴奏みたいな形で使うのでジャカジャカ弾きながら歌うような感じ。だからこのギターに関しては基本的には6本全部鳴らす。

 

でも高見沢さんが持ってるギター、今紹介してきたエレキギターは6本全部鳴らすことのほうが少ない。というか下手すると無い。

大体2本か3本しか鳴らさない。でも6本全部鳴らしてるようにみえるよね?そう6本弾くんだけど音は2本からしか鳴らさない、とかそういうことをしているのね。

ミュートっていうんだけどそれはまぁ弾き始めてから覚えればいいよ。ただ、そういう弾き方をするってことを知ってるか知らないかではぜんぜん違うので知っておくとお得だよ、というお話だよ。

 

 

4.練習はYouTubeで動画見ながら

いまはマジで手取り足取り教えてくれる動画がいっぱいあります。それ見ながらやろうね。

教本とか売ってるけど教本に書いてある程度のことはだいたい動画になってるし、人が弾いてる所見ながらのほうがわかりやすいから動画見ながらが良いよ。

あと今なら「おっさんがギター練習してみた結果」とかいって動画配信でもしてればお小遣いも稼げるかもね。やったねたえch

 

ちなみに簡単にそれっぽいことが出来るのはアコギでの弾き語り。割と簡単だし楽しい。

エレキでみんなが想像するいかにもエレキな演奏は結構難しいです。簡単なやつもあるけどね。