Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

ゲーム先進国だった日本

「日本はもうゲーム先進国ではない」――岡本吉起氏が語る“世界に通用するゲームプロデュース”

ふぅん、なかなかおもろいな。


確かに昔は日本のゲームはスゲーと言われていたけど、今はどうだろう?そんなにすごい日本のゲームってありましたっけ?みたいな状況だよね。

そしてこの一言。
実は僕が一番問題だと思ってるのは、ユーザーが世界に通用するゲームをプレイしていないことなんです。
うん、まさしく。世界では売れてるのに日本では売れていないソフトが一体何本あることか。
文化なの国民性なのかなんなのか知らないけど、世界と日本じゃゲームに求めるものがまるで違う。それが良いか悪いかは知らないけど、世界に通用するゲームを売りたいのなら日本は無視しなきゃいけないくらい、世界と日本のそれは違う。
世界に通用するものが日本では通用しない。逆もまた然り。ただまぁ、人それぞれ。国を越えたら尚のこと。だから、それぞれ用のものを作れば良いと思う。だけどそれじゃ企業は成長しないし、いつかは頭打ち。ユーザーが世界と同じようになってくれれば企業としてうれしいかぎりだろね。


世界が面白いと言ってるものを、日本人だけが理解できないのは悲しくないですか。
これは確かにね。日本じゃ売れないからって輸入されないってのもユーザー歳は悲しいし。ただ現状はまさにそれだけどねw
ただそういうものを理解出来ないってのは悲しいよねぇ。俺もGTAの楽しさはよくわからんもんw なんかそういうのって凄くもったいないよなぁって。別にわかるようになる努力をわざわざする必要はないけど、そういう見過ごしてる何かが沢山あるくらいには捉えておいた方が良いかもね。
まぁ、日本がそうなるまで相当時間はかかると思うけど。ってか、ならないかもな。そういう国だしさ。



ま、こういうこと考える人って得てして早いからね。もうちょっとあっためといた方がいいと思うよ。