Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

集団

大学生、「一人で学食入りにくい」6割 「便所飯」経験は2%


俺もこういう人間に非常に近いので、このスレとかコメントにあるように「便所でメシ食うとかアホじゃね?」とはとてもいえない。
なんていうか、俺ってあと1、2歩下がったらこういう人間になるくらい結構危険なところに立ってる気がするのよね。もともと高校時代に鬱っぽいの発症してるし。今では「あの頃は友達に迷惑かけまくってて悪かったなぁ」って思えるくらいにはなったけどさ。

おれも高校時代、群れとか集団ってのがすごい苦手でね。1年生のときは嫌でも集団から離れないようにってずっとくっついていたけど、おそらくそのせいで鬱っぽいの発症して、最終的にはそういうものから離れれば良いんだって割り切って基本的に一人で居たっけ。まぁ、おかげで友達っぽいのはいたけど、今でも付き合いのある人間は一人も居ないっていう結果になっちゃったけどさ。でも、無理して集団に属して精神ぶっ壊すよりも全然良かったと思うけどね。

大学いってないからわかんないけど、コレくらいの歳って周りが気になったりするんだよね。一人で居るところを見られるのが嫌っていうよりも、集団に混じれないところを見られるのが嫌なんだよね。高校のときも一人になれる場所を結構探したけど無くてね。まぁ、普通に教室で食べてたけどさ。
なんなんだろうね、こういうのってさ。小さい頃は無いのに、中学生とか高校生くらいになると、「集団に属さなければいけない」みたいな観念が暗黙の了解のように、そういう空気としてそこに存在し始めるんだよね。俺の場合、集団に属することというか、馬鹿みたいなテンションで騒いでる奴らにとてもじゃないけど付いていけなかったってとこがメインだったけど。



他人は自分を映す鏡。
他人の視線を恐れてる人は逆の立場に立つと他人を蔑んでる可能性があるね。「自分がボッチを馬鹿にするから、きっとみんなもボッチを馬鹿にするだろう」

こんなコメントがあったけど、まぁこれはこういうときに使う言葉じゃないな。それに指摘も的を得ていない。そもそもこういう問題はこういう風に理解してくれない人が多いという点にもあると俺は思う。




ただまぁ、さすがにトイレはやめとけ。衛生的な面でさ。おそらく誰も居ないところなんて探せば一箇所くらいはあると思うんだ。トイレに行き着く前にそういうところを探してみなよ。あとはもうちょっと開き直ってもいいんじゃない?考えなくても良いことを考えて思いつめても仕方ないからさ。あとはそうだな。携帯とか本とか、なんかそういう「自分は今これをしています」的な言い訳を用意すれば一人でもさほど辛くは無いと思う。あとは精神的に壁際とかなら結構落ち着くと思うからそういうところから始めてみたら良いと思う。
あと、俺は言ったこと無いからわからないけど、スレにもあるように一回精神科とかに行ってみたら良いと思う。自力で何とかできる人も要れば出来ない人も要るしさ。精神科の人達はきっとあんたの苦労を理解してくれる、認めてくれる、受け入れてくれる。一人で抱え込んでないでどこかに助けを求めるのは別に悪いことじゃないんだぜ?
俺もそうだったからさ。わかるんだよね。きっと他人には無い悩みとか苦しみをずっと抱えて生きてきたんだよな。無理すんなって。あんたは充分頑張ってるんだから。


それとあとまぁ、このスレはあんまりよく読むな。きついだろうからやめとけ。

おそらくこういう人は社会に出ても苦労すると思う。俺も苦労してるさ。そういうのが原因で「二度と来んな。お前の顔なんか見たくもねー」って社長に言われたこともあったさ。デモだからって無理すること無いと思う。シロクマが赤道直下で暮らす必要は無いんだぜ?自分が生きやすいところで生きていけば良いと思う。





どうでもいいけど、この手のレスに草生やすのはちょっとどうかと思うけどね。なんか文字から嘲笑されてる感がプンプンするもんな。俺はなんとも思わないけど、こういうのを見て堕ちていく人も要るってことを考えると、コイツラの浅はかなレスはちょっとどうかと思う。




さらにどうでもいいけど、最近女もんの服屋に一人で入っていって品を眺めているぞ、俺。体が細いから女物のほうがサイズ的にちょうど良いから仕方なくだったんだけど、思いの外他の客がこっちを見なくて逆にワロタ。なんか不覚にも「おいおい、俺のこと気にしないのかよw」とか思っちまった。




まぁ、世の中そんなもんだ。あとは自分次第さ。中身が変われば世界も変わる。視点が変われば世界も違って見える。この世界が嫌で嫌でしょうがないのなら、立ち位置を変えるか自分を変えていくしかない。それか、こんなクソくらえな世の中俺が変えてみせるって気張って生きていくしかない。俺でも出来るんだ。いつか体で理解できるときが来ると思うよ。