読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

ショートはショートでも、かわいいショートでお願いします

チラシのウラ

 最近、夏目三久の髪型が可愛く無さ過ぎて気になります。

そもそも昔を知らない、知ったときには既に干されて戻ってきた後で今の髪型になってたのでよく知らないんだけど、昔は普通に可愛い髪型してたのにもったいない。

地元のテレビ局、BSN伊勢みずほも、かわいいとかいう歳ではもう無いけど、最近蓮舫カットになっちゃってオバサン度がマシてる気がする。

 

 ってか何なんだろうあの、和田アキ子カットと言うか蓮舫カットというか。ベリーショート?

もったいないなぁって。

可愛くすれば可愛くなるんだから可愛くしとけばいいのになぁ。もったいない。

俺、アクシズ教徒になる

チラシのウラ

アクシズ教 教義

アクシズ教徒はやればできる。できる子たちなのだから、上手くいかなくてもそれはあなたのせいじゃない。上手くいかないのは世間が悪い。』

 

『嫌なことからは逃げればいい。逃げるのは負けじゃない。逃げるが勝ちという言葉があるのだから。』

 

『迷った末に出した答えはどちらを選んでも後悔するもの。どうせ後悔するのなら今は楽ちんな方を選びなさい。』

 

『自分を抑えて真面目に生きても頑張らないまま生きても明日は何が起こるか分らない。なら、分らない明日の事より、確かな今を楽に行きなさい』

 

『汝、老後を恐れるなかれ。未来のあなたが笑っているか、それは神ですらもわからない。なら、今だけでも笑いなさい。』

 

『汝、何かの事で悩むなら、今を楽しくいきなさい。楽な方へと流されなさい。自分を抑えず、本能のおもむくままに進みなさい。』

 

『汝、我慢することなかれ。飲みたい気分の時に飲み、食べたい気分の時に食べるがよい。明日もそれが食べられるとは限らないのだがら……』

 

『犯罪でなければ何をやったって良い』

 

 

今度から宗教の勧誘とか来たら「いや、俺アクシズ教徒なんで」って言うことにするわ。

 

 

犯人探しが今一番やらなければならないことなんですか?

 籠池も石原もそうなんだけど、今やってることってコレだけの時間や人間を投入するほどのコストを払ってまでやること?そのコストをペイできるほどの物が得られるの?

 

誰が悪いのか、って犯人探すのも別にいいけど、現状としては築地と豊洲を結局どうすんのよ?って部分を解決するのが一番先であって犯人探しは後でもいいじゃん?

ってか、現状の市場の問題をさっさとぱぱっと解決して「前任者も含め都政が色々と都民の皆様にご迷惑をおかけしました。現在の責任者である自分が都を代表して謝罪いたします。」くらいなことが言える器のトップはおらんの?

部下が勝手にやったのか本人がやったのか何なのか走らないけど、自分の目や手が届かない所とは言え自分の管轄内で起こったことに関して責任取ろうとしないトップって何なん?自責にしないトップってなんなん?

 

いい大人がこの体たらくじゃ子供や若い人に示しがつかないってばよ。

 

 なんかほんとマスコミも含め、最近のこれら関連は大人がやることじゃねーってマジで。

家禽ミールの検索結果が偏りまくってる件について

チラシのウラ

 家禽ミールってどうも噂が独り歩きしてるような気がしてならない…。

だからって信用するよ、って話じゃないんだけど”家禽”って言葉と”家禽ミール”と言う言葉があまりにもかけ離れすぎていて、ネットの話がどうも胡散臭い。

普通に考えて、いくらペットに与える餌だとは言え、そんなものを原材料に使うか?

そもそも家禽ミールの話ししている人間で家禽の言葉の意味する範囲を知ってる人居るのか?

そもそも動物と人間って食べるもの全然違くない?

 

 って考えると、家禽ミールの噂が都市伝説ばりに尾ひれ付きまくってるようにしか見えないのよね…。

だからこそ違う意見や情報が欲しいが、家禽ミールで検索しても同じような情報しか出てこなくて参る。

 

日本の家畜・家禽 (フィールドベスト図鑑 特別版)

日本の家畜・家禽 (フィールドベスト図鑑 特別版)

 

 

小さい頃は母親に恐怖していた。

チラシのウラ

onigiri2525.blog.jp

 怒った後に「ごめんね(涙)」って言って抱きしめる。

 

小さい頃、クラスの女の子と一緒に下校していたところを母親に目撃されたらしく、そのことに関して「あの子は誰?何ていう子?」みたいに質問をされたことがある。

今考えればなんてこと無い普通の会話だが、当時の自分はそれが気恥ずかしくて、上手く応答出来なかった。

その時の母親の虫の居所が悪かったのか、ストレスが溜まっていたのかは今でも分からないが、答えない自分に激怒し、発狂しながらハードカバーの本をとか手元にあったものを投げつけてきた。

そしてすぐに我に返ったのか、「ごめん」と謝られた。

 

そのようなことは後にも先にもその時だけだったが、20年強は経ったであろう今でも鮮明に覚えている。

 

小さい頃、母親は些細な事でよく怒っていた。

風呂の洗剤の減りが早いとか、ごはんを食べるのが遅いとか。

しょっちゅう怒られてよく泣いていたし、いつ怒られるのかいつもビクビクしていたし、脱衣所に連行されて尻を叩かれるのは本当に恐怖だった。

今になって思えば育児のストレスだろう、と思えるが、当時は本当に怖くて行動と発言には気を遣っていた。

そのせいなのか、母は宗教にハマり、週に2,3回位ある集会に連れて行かれた。

約6年間。本当に行きたくなかったし、小学生に隣人への愛や慈愛が理解できるはずもなかったが、母が恐ろしくて「行きたくない」「やりたくない」とは結局一度も言えなかった。

 

この記事を読んでそんなことを思い出した。

本当に怖かった。

今でも怒鳴られると頭が真っ白になって声が出なくなって手がしびれる。

 

母親としてはちょっと強く言っただけ、程度なのかもしれないけど、子供に与えるマイナスの影響はあまりに大きい。

もし母親がこんなじゃなければ今の自分はもう少し違ったんじゃないか、なんて思ってしまったりもする。

そしてそんなことを考えてしまうクズ人間になってしまっていることに気付いて、また死にたくなるのである。

その発表会のやり方は、それが一番効果的だと思うからやっているんですか?

チラシのウラ

 いまや日本の企業の大体が、スティーブ・ジョブズの真似をした発表会をさも当たり前のような顔で行っているのが何か面白い。

滑稽、と言ってしまったら言葉は悪いが…。

 

 なんていうか…。日本人がそれやっても様にならなくね?

クールビズのダサさと同じようなダサさを感じる。

日本の最高のサービスは、日本のネガティブの結晶だった。

チラシのウラ

www.yutorism.jp

 この記事を見て、最近考えていたことを思い出したので書いてみる。

サービス業の生産性が低いのは、サービス業が物体ではなく”サービス”という形にならないものを作り出す仕事だから、だと思うがもう一つ。

 

客がめちゃくちゃうるさい。

 

これだ。これに尽きる。

文句が多く、少しのミスも許さず、細かいことで一々口出しし、こっちは金を払っているんだからと横暴な態度を取り、少しのミスに付け込み”誠意”を要求する。

だいぶオーバーだが小五月蝿い姑とかを思い浮かべてもらえればわかりやすい。ああいうウザさ、うるささと言うものを日本人は持っている。

当然、そいつらの対応は面倒で、対応しなくて済めばいいのだが中々そういうわけにもいかず、結局事が起きてから対処するよりも事が起きる前に対策を打っておくほうがラクなので、結果として必ずしも必要とされるわけでもないサービスを余裕を持って過剰にしておかざるを得ないのだ。

 

 つまりこのような日本人の人間性が無駄なサービスを生ませ、無駄な仕事を発生させ、守らなくても良い期限に必死になり、結果として定時で仕事が終わらないことへ繋がり、そしてそこで溜まったストレスが大なり小なり小売や下請けなどの発散しやすい所で発散され、それの対策としてまた無駄な仕事が増えていくのである。

 

 最近は「日本のサービスは凄い!我が国も見習いたい!」っていう外人がよくいるが、こういう背景を考えると日本のサービスの高さは決してポジティブなものではなく、ネガティブの結晶なのであるということを考えると、日本のサービスにはとてつもない嫌悪感を感じざるを得ない。吐き気がしそうなくらいに。

 

毒になる姑

毒になる姑