Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

ダンボール戦機 爆ブースト

www.danball-senki.jp

 ダンボール戦機1作目の完全版、と言う立ち位置の爆ブースト。なので、実質この無印&完全版とWの2作でダンボール戦機は終わっています。WARS?知らない子ですね。

 

 で、肝心の中身だけど、良くも悪くもお子様向け。なんかどこかのブログで全く同じこと書かれてた気がするがw

個人的にはガンダムブレイカーが内包する問題点をそのまま繰り返してしまっている、と言う感じ。

好きなパーツを組み合わせてオリジナルLBXを組み上げて、自分のスタイルで戦え!っていういわゆるこのゲームの売りとなる部分を、このゲームのシステムが妨害している感じ。

頭部、胸部、脚部などのパーツ自体にレベルが存在しているため、お店に並んでいる新しいLBXよりも、ずっと使ってきた今のLBXの方が強い、っていうのがザラにある。おまけに主人公機はそもそも強い。そのためLBX本体をカスタマイズする必要が実質ほとんど無い。

得意属性や弱点属性、スピードなども確かにあるが、後述するアクション面でのぬるさのおかげで”正直気にしなくてもどうとでもなる”。またそうやっていろいろ考えても結局はレベルを上げなければ使い物にならないので、やっぱり色々考えてカスタムする必要が無い。

 

 アクション面もさまざまな遠距離武器や近距離武器が混在する、一見なかなか面白そうな状況ではあるが、最終的には片手武器と盾が一番安定してしまう残念加減。

ガンダムvsシリーズのように近接武器に特にリスクがない為、突っ込んでいって斬りつけてダウンを奪い、無敵時間が終了するまで盾構えて待ってる、という戦法が一番ダメージを抑えつつ無駄なくダメージを与えられてしまう。

また盾が優秀なのか盾無時のガードがゴミなのか、盾の有無で防御時の被ダメに大きく差があり、盾を持たないという選択肢も事実上無い。

遠距離武器もあるにはあるが弾速が遅く予測射撃も正確なことから、ジグザグ歩きで簡単に回避が可能。しかも距離が遠ければ遠いほど威力が増す…つまり近かったら意味がない武器なのだが、じゃあ遠かったら当たるのかといえば他のゲーム同様遠かったら当たらないので遠距離武器の優位性があまりない。

武器を二種類持っていってその場で切り替えられるのだが、ボタン配置が悪いせいで使いづらく、またなんとなく反応も良くない為、スキを作ってまで武器を切り替える利点がない。

 

 そうなってくると選ぶ機体も選ぶ武装もかなり狭まってくる事になり、結局パーツも武器もわんさかあるのにいつ戦っても代わり映えしない内容になってしまう。

俺はこのLBXが!この武器が!超絶好きなんだ!って言うこだわりがあって、それを貫けばなかなか骨のある難易度になるだろうが、そこまでシビアなアクションシステムではないので、プレイヤーのゲームスキルで補うことは難しく、結局アイテムだよりになってしまい、こだわりを持ってプレイするプレイヤーがそれを楽しめるとは思えない。

 

 システム面でもあまり快適とは言えず。戦闘に入る前にカスタムするか?みたいな画面になるのだが、この人と戦うぞ!って時はもちろん、歩いていてエンカウントする(びっくりすることにこのゲームはRPG同様、ダンジョンを歩いているとエンカウントするするのだ)時にも出る上に、その前後にロードを挟むためテンポが悪い。おまけにエンカウント率が非常に高い。

そのくせこれと言って戦略性やテクニックを問われる戦闘ではないのでなんとなく物足りないつまらないし、どう頑張っても1分弱はかかるのでテンポが悪い。

LBXのカスタマイズも、画面が2つもあるのに現状のパーツと変更後パーツのスペックを見比べられないとか、外したりするために押すボタンがそれぞれで異なっていたりとか、ネーミングやグラフィックからどれが何なのかがよくわからないとか、あまり褒められたものではない。

またストーリーというものがあり、そして困ったことにこのゲームの主軸がアクションではなくストーリーにある、つまりRPG的な部分にあるということもあり、足の遅いキャラクターでそこそこの距離を移動しなければいけなかったりして面倒というかテンポが悪い。その上ストーリーが面白いかといわるとそうでもないというのも難。

 

 じゃあ対人戦なら面白くなるんじゃないか、ってとこだけど、やったことはないので正直わからんが(おい)パーツにレベルが存在し、キャラクターのレベルでもLBXの性能差が出てきてしまう以上、レベルが高いほうが勝つ事になり、ポケモンならともかく対戦アクションゲームでそうなってしまっては面白いものではないだろう。

じゃあLBXや武器を特定の範囲に限定して対戦しよう、ってのなら対戦アクションゲームとしては成り立ってくるだろうが、子供がそこまでフェアな勝負にこだわらないだろうし、そうなっては売りであるカスタム性もなくなってしまうので、このゲームをあえてプレイする理由がなくなってしまう。

 

 

 そんな感じで、せっかくの個性を様々な要素が全力で阻害しに来ている、そんな印象を受けたのがこのダンボール戦機だ。

これが子供向けゲームだからなのかレベル5だからなのかは何とも言えないが、今後レベル5のゲームを買うことはもう無いだろう。

ターゲットから明らかにずれているので今まで特にプレイしてこなかったが、これで完全にレベル5のゲームは別にプレイしなくてもいい、という判断ができる。

正直この手合のゲームや、こういう世界観はいいおっさんになってもなんとなく好きなのである。ミニ四駆のレッツエンドゴーとかね。お手軽に、簡単に、なんとなくだけどそれなりにごっこ遊びができる、そういうところがこの手の子供向けゲームの最大の利点なのだが、レベル5はそれを作るのがあまり上手ではないらしい。

 

 LBXのデザインとかかなり好きなのだが本当に残念。なんだこんなもんか。というのが最終的な感想。

パーツとキャラクターのレベルの排除、遠距離武器の調整、盾やガード周りの調整、RPG的部分をもっと切り捨てる、等ちょっと作り直せば結構いい線いくと思うんだけどね。コアのカスタムなんかはすごくいい要素だと思うし。

まぁアーマード・コアですら難儀していることを考えるとレベル5になんとかできるはずもなく。多少割り切ってしまえばよかったのにそれも出来ず。元の企画ではRPGだったらしいのでそれを悪く引きずってしまったか。

改善の余地は色々あって良くなる余地も十分にあるのだがレベル5はシリーズの維持が下手くそでもう切られてしまっているのも残念なところ。

ただ、レベル5がやったからこそアレだけのプラモが世に出てきてくれたわけでもあるので、そういう意味では非常に評価できるシリーズであるとも言えるのではないだろうか。

 

 

 

レブル250が売れてるみたい

www.honda.co.jp

 別にそれ自体は悪くないけど、これが売れるならCB250FもCBR250RもCB250Rももっと売れてええやん、とか思うんだけどそれは自分がエンジン基準でバイク見てるからなのね。

スタイルはたしかに良いと思う。ターゲット的にはジクサー辺りがすでにそこへ向けて動いていたんだろうけど、ものの見事にかっさらわれましたなw

でも500ならともかく、250のあのエンジンは物足りないしあんまり面白くないんだよなぁと。

水冷単気筒ショートストロークなので、世間のライダーが思い浮かべる単気筒とはかなり違うものだけど、そうは言っても単気筒は単気筒なので単気筒の悪いところは消しきれてないし、逆に単気筒らしさが薄れまくってるので単気筒ならではの楽しみみたいなのも薄い。悪い言い方をすればね。

良い言い方をすれば、単気筒の燃費の良さをキープしたまま、単気筒の不満点である振動を最小限に抑えて、かつショートストローク化で単気筒とは思えない回転をするようにしたエンジン、ってところ。

空冷単気筒じゃないので当然高速だって普通に走れるし、250ccなのでナンバープレートが割れるような振動も無い。

無いんだけど…。ホンダのエンジンは優等生、特徴がないことが特徴なんて言われるけど、このエンジンも確かに特徴がないことが特徴かもしれない。でも正確に言うとポジティブに受け取れる特徴がない。どんな物も良い部分も悪い部分もある。だけどこいつは良い部分ってのが結構薄い。そのくせ単気筒なので単気筒のネガはやっぱり残っていて、特徴がない分そのネガが結構目立ってくる。そうなってくると、このエンジンちょっともう嫌だな…なんて思ってきたりするわけで。

まぁ250ccなんて物足りないと思う人のほうが多いんだから、そうなってくるのも当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないけど。

 

 でもこのレブルは250クラスでは割と唯一無二的な存在感なのでそういうところが売れてるんだろうね。250ccだとR25かninja250かレブル250かって感じかね。

まぁでも洒落てるよね。SR400とかそれ系に近いよね。でもそこまでクラシック感はなくそれなりに今風にしているのが良いんだろうね。

バイク人口増えろとか別に思ってないけど、色々なアプローチのバイクが色々出てきてくれると楽しいなと思うので、メーカーさんにはぜひ頑張っていただきたい。

そして免許制度も正直適切とは思えないので法関連もなんとかしてほしいなぁ。無理だろうけど。

今の世の中で起きていること

 

資本論 (まんが学術文庫)

資本論 (まんが学術文庫)

 

  今日本で、いや世界で起こっていることはコレに描かれていることと一緒だな、と思った。

きっと問題は膨らみ続け、最終的に経営トップが殺される、くらいまで事象が進行してようやく、じゃあこういうふうにしようとか、そうならないようにこうしようとか、そういってまた一歩、ようやく世界は先へ進むんだな、と思った。

 

 哲学も資本論も、随分昔の人が考えた人、導き出した答えに、人類はまた帰って来たなと言う感がある。

今の社会の仕組みも、庶民同士でネットでバトりまくってることも、これ読むと、あぁそういうことか…とわかってくる。

本当に愚かだ…。

 

 そして資本主義は奴隷主義と変わらないのか、と知ってしまうとなんで俺たちは働いてるんだとか思ってしまうな。

そういう意味でも、やっぱり自分の目指す所、そして底へ向かって今やっていることは自分らしい自分的な正解だったんだな、ということも改めてわかった。

例えるならいつまで経っても血が止まらない感じ

 怒られる、というか怒鳴られたり怒りの感情をあらわにされるのが本当にだめ。

例えるなら、された瞬間から傷口が血がドバドバ出ていつまで経っても止まらない用な感じ。

多分原因は小さい頃の母親かな。正直毎日ビクビクしながら生きてたからな。

こういうのPTSDとかなんだろうか。

 

 怒られる、はまだいい。自分がミスったり自分が至らなかったり、自分が悪いのはわかってるから。でもそこに怒エネルギーを混ぜ込まれるとほんとにだめ。

頭真っ白になるし、手とか痺れてくるし。

 

 それにそれなかなか元に戻らないんだよなぁ。普通に数週間くらいかかる。

それに「この人こういう事する人なんだ」って思っちゃってもうその人とは気軽に話ができなくなる。笑ってても「何笑ってるんだろうこの人?」とか思うしいつ怒りを出してくるかわからないから、いつ噛み付くかわからないライオンの対応するみたいな感じになる。

 

 こういう心理的精神的ダメージが非常にデカイのでなるべく人間とは関わりたくない。

大きくなれば、大人になれば治るかなとか思ってたけどだめだな。そもそも怒られること自体が減る分、精神が慣れてなくて余計ダメージでかい感じ。

個人的にはこの精神的な不安感というか痛みというかそれさえ止まればいいからなにかいい薬とか無いかなぁとか思ってる。

 

 まぁそのための今進んでる道なので踏ん張りどころと思って頑張るが…。

ほんと、絆創膏みたいにペタッと貼っとけばとりあえず大丈夫みたいな精神的薬がほしい。

 

【指定第2類医薬品】ウット 12錠

【指定第2類医薬品】ウット 12錠

 

 

女も加害者だろふざけんな のブコメ追記

女も加害者だろふざけんな

誰もが加害者であり被害者だよ。自分も、他者も。

2019/06/14 07:25

b.hatena.ne.jp

 俺がトップブコメとるといつも違った解釈されちゃうのなんでだよ…

って思ったんだけど、その分いろいろな人の目に触れていろいろな人が反応してるってことなんだよな、うん。

 

 で、自分的にはこれを直接増田に言ったつもりはなくて、またこの内容に関して男だの女だのということを含めたつもりもなくて。

この社会の中で生きる一人間として、誰もがときに誰かを無意識無自覚に傷つけるし、誰もが誰かに傷つけられて生きているよね。っていう、ほんとただそれだけの意味何だけどな、とか思いつつ。

この前でバズっていた男のせい女のせい、男が悪い女が悪い、っていう話の流れの延長上の一言でもある。

はいはいお前が被害者なのはわかったよ、でも時としてお前だって加害者になってるんだからそんなに他人ばっかり攻撃するな、っていうつもりなんだけどな。

 

 

 まぁ、増田には同情する。俺もそこまでじゃないけど似たようなもんだし。だから、その傷つけてきた個人を恨むのは別に良いと思う。A子とB子とC子!死んでも恨み続けてやる!たとえ外道に堕ちようともな!!!ぐらい思ってても俺は別に良いと思う。

でもそれって男女関係ないんだよなぁ。男にさんざんいじめられてきたやつもいるだろうし、増田みたいに女に攻撃されてきたやつもいるだろう。でもそれって男女関係ないんだよなぁ。

だから、最近の男のせい女のせい、男が悪い女が悪いの流れの上で言うことではないんじゃないかな?とは思う。

 

 この増田のようなタイプはとりあえず「うん辛かったね。今までの人生ずーっと耐えてきたんだね。頑張ったね。もう良いんだよ。」って言って欲しいだけ、そう他者に認めてもらいたいだけなんだよな。俺がそうだったし。

でもそれってさ。何も変わらないんだよな。それにそれを言ってくれるのはカウンセラーだけで、そのカウンセラーもそう言った方がいいと思うから言ってるだけでもあるし。

 

 

 攻殻機動隊SACにはこういう言葉がある。

「世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。それも嫌なら…」

 と言ってテロリストに銃口を突きつける。つまり死ねと言っている。

コレを自分は長いこと誤解してきた。文の後半しか見ていなかった。

社会に不満があるよ!女のせいで俺は生きづらいんだ!俺は苦労しているんだ!なのに耳と目を閉じ口をつぐんで孤独に暮らせって?!なんで俺がそんなことしなきゃいけないんだ!しかもそれも嫌なら死ねって??ふざけるなよ、やっぱり糞だよこの社会は!!!

 

って本気で思ってた。

でも時が経つにつれ考え方が変わり、今度は「あぁやっぱり俺は駄目だ。俺は何をしてもダメなんだ。何をやってもうまくいかないし社会も変わらない。やっぱり目と耳を閉じ外界からの情報を遮断し、口をつぐんで何かを言うことすらやめて、一人孤独に暮らすしか、平穏に、心穏やかに暮らしていく方法は無いんだ…」

って本気で思ってた。

 

でもこれも時が経つにつれてまた考え方、いや捉え方が変わった。

今度は後半の文は完全に無視するようになった。この文の本体は「自分を変えろ」だ、ということに気がついた。後半は、それをしなければこうなるんだぞ?いいのか?というただの脅し文句だ。はっぱをかける言葉だ。

立ち位置を変えれば四角も丸に見える。社会という物は変わらない。当たり前だ。1人の人間が1億何千万人という人間を変えることなんて出来るわけがない。

でも自分が立つ場所を変えるだけで。ものを見る場所を変えるだけで、世界は面白いように形を変える。

そこのと自体はずーっと前から知っていた。それこそ学生時代には理屈としてはわかっていた。でもそれを本当に理解したのは本当に最近だ。恥ずかしい話だが、それこそ30超えてからだった。

自分が歩かなければ目的地には近づかない。川や海をただ眺めているだけでは深さはわからない、入ってみて初めて深さがわかる。

 

 

 エネルギーを内に向けているうちは本当に何も変わらない。ただ辛いだけ。自分で自分を責め、そして他人からも責められる。崩壊への道一直線だ。

それを外に放出するようにする…と言っても多分出来ないと思うので、そのエネルギーを自分の体にぶつけろ。そして自分の体を、思考を動かせ。

と、いうことでこの本を読め

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 信者かよwwwとか言われちゃうし、アフィかよwwwwwとか言われるのも嫌なんだけど、でもこの本のおかげで気づいて確信したことがあまりにも多いから、いいからとにかく一回読んどけ、と言っておきたい。

大体、馬鹿でもなければ薄々感づいてるはずだ。この社会でうまく生きていく為にはこうしなければいけないんだろうな、って。

でもそれが嫌なんだと思う。なんで俺がそこまでしなきゃいけないんだこんなに辛いのに、とか、他のやつはこんな苦労してまで生きてないだろ、とか、思ってると思う。俺もそう思ってたもん。

でもそれ間違ってるよ。こうこうこういう理由で人はこうして生きていくべきなんだよ、っていうのを教えてくれる。

 

 そして自分が変わって自分を主体として動いていかなければ何も好転しないこともわかると思う。

 

 そういう意味でも、俺は被害者だー!あいつが加害者だー!とか言っててもしょうがないんだよ、って話。お前は気づいてないかもしれないけどそれはみんながそうなんだよ、って話。

そしてそうやっているうちは何も変わらないよと。それをどう受け止め、どう反応し、どう動くか、そこに至らないと何も変わらないよ、って話。

内蔵型冷え性のようだ

 なんとなく汗ばむ程度には暑さを感じるんだけど、体の芯が寒いというか、もう若干震えるくらいに寒さを感じることがあって、なんだろうなぁ?と思っていたら内蔵型冷え性のようだ。

体は冷えていないのに、二の腕や太もも、おしりが冷たい人は内蔵型の疑いがあるようだ。

自分はこの二の腕。40℃とかを体験して、暑さには強いのかな?とか思っていたんだけど単なる冷え性だった模様。

本当に30℃超え、それこそ35℃くらいまでならないと二の腕が冷える。30℃程度だと実は薄ら寒い。そのおかげで本当の半袖が着れなくなりました。長袖の腕を捲くるか、七分袖や五分袖といった半端袖じゃないと二の腕が冷える。

 

 原因としては冷たいものの摂りすぎ、運動不足、ストレスだそうで。冷え性のおかげで真夏でも冷たいものってあんまり取りたくないタイプなので、冷たいものの摂りすぎってのはない。そうすると、運動不足とストレスだけど思い当たるフシがありすぎるのでまぁこの2つかなと。

 

 夏でもなんか悪寒じゃないけど寒くてブルッとすることがあるし、冬は当然どんなに厚着してもどこか寒くて、何なんだろうなぁと思っていたんだけど、そうか冷え性だったか…。

 

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

 

 

微妙なストレスでもとにかく排除する生き方

 

ハロー ソフトパックティッシュ 300枚(150組)×5個入り 1パック

ハロー ソフトパックティッシュ 300枚(150組)×5個入り 1パック

 

  ストレス。嫌なこと。不快なこと。ムカつくこと。悲しいこと。疲労。ありとあらゆるマイナス方面へ落ちるきっかけになるものを極力排除して生きてます。

例えばこの箱ではなくて外装がフィルム包装になったボックスティッシュ。初めた見たのはベストプライスのやつだったな…。

自分はティッシュのは箱をとにかく潰せない。物理的にじゃなくて精神的に。箱を潰して畳んでゴミ箱にポイする、と言う行為がすごく疲れると言うか、それを実行するのにすごく力というかエネルギーが要るんです。一定以上のエネルギーを保持していいないと出来ないんです。

自分の生きている時間のうち90%くらいは精神的に参ってるので、その残りの10%を引くまでティッシュの箱を折りたたむことが出来ずに溜まっていくんです。

で、エネルギーが足りないから畳めないし、箱が溜まっていく様もストレスになっていって、ものすごく些細なことなんだけどチクチク痛い嫌なストレスでした。

それを解消してくれたのがこのフィルム包装ボックスティッシュ。初めてみたときにこいつは神かと思いました紙だけに。

以降、ボックスティッシュは一度も買っていません。

 

 それ以外でも、酸味や辛味、暑い寒い、といったようなことも排除しながら生きています。

特に食事に関してはストレスに感じることが多いです。自分の場合、口に入れたら吐いてしまう、とかそういうレベルのものはほぼありません。食えるか食えないかで言ったら、ほぼ食えないものはないです。が、飲み込めると言うだけで幸せを感じるかストレスを感じるかは別の話です。

上記に上げた、酸味辛味。自分の場合これが邪魔でしょうがありません。自分の中では食べ物の味とは別ラインにこれらが存在しており、これらが存在することで食べ物の味を大きく邪魔していると感じるんです。

一時キムチを毎日食べていたので辛いものには割と耐性ある方ですが、辛味なんてものは単なる痛みなので無い方が良いに決まってます。邪魔ですマジで。酸味は単に苦手なだけですがw 

ですがなまじ食べられるおかげで、「食べられない」とも言えないし、酸っぱいものは苦手だと散々言っても食事に出してきます。ドレッシングとかも酸味がすごく邪魔です。

あとは魚。調理段階で匂いやら調理方法やらで苦労して、食べるときも骨取ったりなんだかんだで苦労した挙げ句、食べられる量は少ないし、口に含んだものに骨が入っているというトラップ付き。もうイライラです。

 

 そんな感じで自分はとにかくストレスと避けて生きています。なぜならとにかくストレス耐性が低いからです。ストレス発散も下手で、発散の手段は何十年の人生の中でいろいろと探してストックしているのですが、その時の気分にあった方法をあてがってやらないと発散しないんです。なので常に、今の自分に何を当てたら解消できるだろうか、ということを探らないといけない。

この世には避けられないストレスがいっぱいあります。特に仕事や人間関係。コレばっかりはどうしようもありません。なので諦めています。

だからこそ、くだらないファクターでHPを削っていられないんです。仕事と人間でHPをごっそり持っていかれるので変なところで減らしているとすぐに死んでしまうんです。

なので極力くだらないストレスを受けないように生きています。

 

 

今日家で冷やし中華だったんです。ただうちの冷やし中華はめんつゆなんです。たまに酸っぱいやつ担ってることもありますが。そば、そうめん、中華麺、全部めんつゆです。云十年間ずーっと。

冷奴はずーっと醤油です。云十年間ずーっと。

お前ら飽きないの?なにか疑問に思わないの?え?っていうかおいしい?それ?

云十年間ずーっとブルドックソース。え?おいしい?それ?

みたいなことをちょっと感じたんでこんなこと書いてます。

 

自分で書いてて面倒くさいやつだなと思います。だから誰かと一緒に生きようなんて思ってないし、できれば一人で生きたいと思っています。

人間は一番のストレス源ですから。

皆で食べるご飯が美味しい、とかいいますけど自分は一人で食べるご飯が一番美味しいです。それももうめちゃくちゃ美味しいです。ご飯ってこんなに美味しいの?!って思うくらい美味しいです。

他人がいると緊張して物が喉を通りません。味もよくわからなくなります。だから一人で食べたいんです。

 

そんな人間なので、ストレスを未然に避けることに力を注いで生きています。

そんな生き方の紹介でした。