読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

小さい頃は母親に恐怖していた。

チラシのウラ

onigiri2525.blog.jp

 怒った後に「ごめんね(涙)」って言って抱きしめる。

 

小さい頃、クラスの女の子と一緒に下校していたところを母親に目撃されたらしく、そのことに関して「あの子は誰?何ていう子?」みたいに質問をされたことがある。

今考えればなんてこと無い普通の会話だが、当時の自分はそれが気恥ずかしくて、上手く応答出来なかった。

その時の母親の虫の居所が悪かったのか、ストレスが溜まっていたのかは今でも分からないが、答えない自分に激怒し、発狂しながらハードカバーの本をとか手元にあったものを投げつけてきた。

そしてすぐに我に返ったのか、「ごめん」と謝られた。

 

そのようなことは後にも先にもその時だけだったが、20年強は経ったであろう今でも鮮明に覚えている。

 

小さい頃、母親は些細な事でよく怒っていた。

風呂の洗剤の減りが早いとか、ごはんを食べるのが遅いとか。

しょっちゅう怒られてよく泣いていたし、いつ怒られるのかいつもビクビクしていたし、脱衣所に連行されて尻を叩かれるのは本当に恐怖だった。

今になって思えば育児のストレスだろう、と思えるが、当時は本当に怖くて行動と発言には気を遣っていた。

そのせいなのか、母は宗教にハマり、週に2,3回位ある集会に連れて行かれた。

約6年間。本当に行きたくなかったし、小学生に隣人への愛や慈愛が理解できるはずもなかったが、母が恐ろしくて「行きたくない」「やりたくない」とは結局一度も言えなかった。

 

この記事を読んでそんなことを思い出した。

本当に怖かった。

今でも怒鳴られると頭が真っ白になって声が出なくなって手がしびれる。

 

母親としてはちょっと強く言っただけ、程度なのかもしれないけど、子供に与えるマイナスの影響はあまりに大きい。

もし母親がこんなじゃなければ今の自分はもう少し違ったんじゃないか、なんて思ってしまったりもする。

そしてそんなことを考えてしまうクズ人間になってしまっていることに気付いて、また死にたくなるのである。

その発表会のやり方は、それが一番効果的だと思うからやっているんですか?

チラシのウラ

 いまや日本の企業の大体が、スティーブ・ジョブズの真似をした発表会をさも当たり前のような顔で行っているのが何か面白い。

滑稽、と言ってしまったら言葉は悪いが…。

 

 なんていうか…。日本人がそれやっても様にならなくね?

クールビズのダサさと同じようなダサさを感じる。

日本の最高のサービスは、日本のネガティブの結晶だった。

チラシのウラ

www.yutorism.jp

 この記事を見て、最近考えていたことを思い出したので書いてみる。

サービス業の生産性が低いのは、サービス業が物体ではなく”サービス”という形にならないものを作り出す仕事だから、だと思うがもう一つ。

 

客がめちゃくちゃうるさい。

 

これだ。これに尽きる。

文句が多く、少しのミスも許さず、細かいことで一々口出しし、こっちは金を払っているんだからと横暴な態度を取り、少しのミスに付け込み”誠意”を要求する。

だいぶオーバーだが小五月蝿い姑とかを思い浮かべてもらえればわかりやすい。ああいうウザさ、うるささと言うものを日本人は持っている。

当然、そいつらの対応は面倒で、対応しなくて済めばいいのだが中々そういうわけにもいかず、結局事が起きてから対処するよりも事が起きる前に対策を打っておくほうがラクなので、結果として必ずしも必要とされるわけでもないサービスを余裕を持って過剰にしておかざるを得ないのだ。

 

 つまりこのような日本人の人間性が無駄なサービスを生ませ、無駄な仕事を発生させ、守らなくても良い期限に必死になり、結果として定時で仕事が終わらないことへ繋がり、そしてそこで溜まったストレスが大なり小なり小売や下請けなどの発散しやすい所で発散され、それの対策としてまた無駄な仕事が増えていくのである。

 

 最近は「日本のサービスは凄い!我が国も見習いたい!」っていう外人がよくいるが、こういう背景を考えると日本のサービスの高さは決してポジティブなものではなく、ネガティブの結晶なのであるということを考えると、日本のサービスにはとてつもない嫌悪感を感じざるを得ない。吐き気がしそうなくらいに。

 

毒になる姑

毒になる姑

 

 

そういえばIIJmioにして1ヶ月たってたわ…って話

IT

 そういえばメインのスマホを格安スマホIIJみおふぉんの音声付きミニマムスタートプランにしてたんだった、と思いだしたので感想を書いてみる。

 

音声つきミニマムスタートプランで月1600円。タイプはD。以前はauiPhone5を使用。家電量販店やネット通販などでパッケージを買えば初期費用、いわゆる事務手数料が割安で始められるのでおすすめ。

学生の時とは違って利用頻度はかなり低く、友達もおらず、通勤も電車から車になり、家に帰れば即パソコンの電源をつけるような生活で、スマホを触る時間がほぼ無いので三大キャリアでスマホを使い続けるのはただの無駄だな、と思い続けて数年。ようやくMVNOに変えましたw

 

 結果としては、昼休憩時の通信の遅さを若干感じるが、それ以外は全く問題なし、と言った感じになりました。

12時台は皆様お昼ごはん休憩ということでトラフィックがかなり集中するようで、通信容量などが残っていても通信がかなり遅くなります。が、若干のデータ量まで通常速度で読み込んでくれるので、例えばTwitterなら文字データは即表示、画像や動画の読み込みには少し時間がかかると言った感じ。

けどこれもまぁ使い方によるんですが、会社で動画見てる、とか言うんでもなければそれほど不便はないんじゃないかと思います。大抵の人はニュース見るとかTwitter見てるとかその程度だと思うので。

それ以外では通信の遅さを感じることは今のところ特になし。というか、今までろくに4Gの恩恵を受けていなかった分、今更ながら「4Gすげーwww」と一人で騒いでおりますw

通話が高いのがネックですが、通話定額もあるし、年に数回掛ける程度の自分にはこっちのほうがむしろ安いです。専用アプリを利用することにより、30秒20円が30秒10円になりますし、地味にありがたいです。

キャリアのメールアドレスが無いということが若干不安だったのですが、よくよく考えると今の時代キャリアのメールアドレス使っていて且つ頻繁に連絡を取る人ってもう居なかったので結果としては「全く支障はなかった」というところに落ち着きました。

 

 ということで、友達がおらず、ネットはPCがメイン。だけどスマホの利便性を捨てることは出来ない、と言う人には非常におすすめ。この価格なら2台持ちも特に負担にならないような価格なので非常に選択肢が広まっていいです。

端末もキャリアが販売しているものが好きな人にはいまいちでしょうが、キャリアの端末は必ずどこか気に食わなかったんじゃ!って人には選択肢が広がりまくりでいいんじゃないでしょうか。

自分はiPhone派なので既にSIMフリー版を普通に販売してくれているので端末に関して不安はありませんが、今後きっと各メーカも普通にSIMフリー端末を発売していってくれるような時代になるだろうと思うので、次の端末に関しては心配してません。何年後になるかわからないですしw

 

 ということで簡易ですが感想でした。電波は大体docomo電波だと思うのでどこの会社もそれほど差は無いんじゃないでしょうか。

ただ、MVNOが無闇矢鱈と増えまくっていて、怪しいのかなんだかわからない会社がかなり多くなってきているので心配症な人は有名なところやユーザーの多いところを選べばいいと思います。

 

 

雰囲気が伝わらず、切り取られて事象だけが文字になってどこまでも拡散されていく

チラシのウラ

news.nicovideo.jp 最近の日本人って、何かにつけて文句言ったり正義ぶったりしないと気がすまないの?めちゃくちゃ偉そうにごもっともな能書き垂れてるけど、テメーはどれだけ偉くてどれだけご立派な人間なんだ、あぁ?ってコメントが多くて気持ち悪い。

最近、こういうことがあるからTwitterとか見ないんだけどやっぱり酷い。

 

 以前はlivedoorのニュースコメントしまくってたり見まくってたり、ニュースのコメントって色々な人の色んな角度の意見や考えが見れて凄く楽しかったんだけど、最近のやつは批判というか偉そうにジャスティス語るコメントばっかりで辟易する。

ニュース提供してる側も燃料を投下しようというような意図が見える記事も多い。コレとかワイドナショーでの記事とか。

炎上商法は勝手にやってろって思うけど、こういうやつの何が気に食わないって、番組全く見てないやつが勝手に勘違いして勘違いしたジャスティスコメント打ちまくるのがムカつくんだよな。

誰かが故意に切り取ってまとめた文字読んでコメントしてるほどワイドナショーや松本に興味があるのならちゃんと見ろよって。

実際に番組見てればそういう捉え方しないはずなのに、勝手に勘違いして勝手にあさってな方向な事をさも正しいように偉そうにコメントする。ムカつくわ。

政治家の問題発言とかもそうだけど、その場ではウケてんだよな。空気も凍りついてないしその場では誰もつっこんでない。でも後々でニュースとかがその部分だけ切り取って問題視して責め立てる。で、それに乗っかってネット民とかがソース映像見もしないで勝手なこと言いふらす。

そういう伝言ゲームの伝達ミスで叩かれて炎上するのっておかしいじゃん。そしてそこに誰も異議を唱えずに総叩きってのも気に入らない。チンパンジーかよ。

 

 Twitterが日本だけ好調なのって、お手軽に正義側に立てるからか?その行為自体がどれだけ滑稽に映ってるかわかってないんだろうなぁ。

批判したり煽ったり殴り合ったり馬鹿にしたり偉そうに諭したり、日本人の国民性がよく見えるから面白いと言えば面白いが。

 

執務資料 道路交通法解説

執務資料 道路交通法解説

 

 

”みっともない”が通じない時代になってきた。【迷惑≠みっともない】

チラシのウラ

b.hatena.ne.jp

 個人的には電車内の女性の化粧は「どうでもいい」派です。

別に実害被ってないし、公共の場所での化粧はけしからん!なんて価値観も特に持ち合わせていないので。それに、その人が世間からどういうふうに見られて、どういうふうに扱われるのかなんて俺の人生には1ミクロンも関わらない話ですし。

それよりもアイライン引いてるときに電車が揺れて、目にぶっ刺さらないか心配なくらいです。(嘘ですどうでもいいです。)

 おっさんが車内で髭剃ってたりしてたら嫌だろ!とかよく言うますけど、オッサンはそもそも存在自体が嫌われてる避けられてるフシがあるので同列には語れません。

ってか、男女で清潔感や美しさやらを比べたら男は確実に負けるからね。比較対象としてはあまり適切ではないです。

 

 まぁ、そんな話はさておき。この記事のブコメは女性優勢で、女性擁護、オッサン批判が多くを占めています。ってか、若い女ってオッサンに容赦ないよな。オッサンになら何言ってもいいとでも思ってんのか?

 まぁ、そんな話はさておき。この結果は正直な話、少し意外で、時代の変化を感じるなぁと思うところなのですが、少し気になったのは「みっともない」っていう感覚がもはや世間の人達には無いんだなぁ、という所です。

この話は「迷惑だからやめてね」って話じゃなくて「人としての品格を疑いますよ?」っていうメッセージなんだけど、どうも伝わらないらしいです。

 みっともないという言葉をネット辞書で調べて結果を載せたり、みっともないを”マナー”や”場の空気”などと表現している当たり、やっぱりよくわかってないんだなぁと思うんです。

 自分が理屈派というより感覚派だからなのかもしれないのですが、みっともないは理屈じゃなく感覚なんですよね。

その感覚がないから多分言われても納得出来ないんだろうな、って。それに、みっともないと言われたことに対して、反論したり怒ったり悪態をついたりしてるのもまたみっともないんですがそれも多分わかんないんだろうなぁって。

ただ、お股おっぴろげなオッサンに嫌悪感を示せる当たり、自分から他人に対してのそういう感覚は持ってるんでしょうが、他人が自分に対しても同じような感覚を持もっている、という第三者的視点が抜けているようです。もしくは想像力がないか。

 あと、女ばっかり言われる、っていう感覚もちょっと引っかかります。男だって小うるさく言われます。現にオッサンはあなた達女性に文句言われまくってるでしょ。

「あたしばっかりなんでー!!」っていうのは小学生レベルなので、大人なんだからもっと他人のこと理解したり考えたりしなよ、とは思います。まぁどうでもいいんですが。

 

 それにしても最近のネットで上がってくる声は非常に自分本位というか、自分から見える世界しか見てないような物が多くて気になります。

実害がなければいい、と考えている人はどうやって周りの人間と円滑な関係を築いて、どうやって自分を律していくんでしょうか。あ、しないのか。

 

 粋がっている高校生や大学生あたりと一緒で、結局自分で気づいて自分で直して律していかないと社会で孤立するだけなので、心底どうでもいいのですが、この件を見て母親に注意されてぶーたれてる高校生くらいの子供が思い浮かんだので、そういう違和感やイメージをまとめてみました。

 

女性の品格 (PHP新書)

女性の品格 (PHP新書)

 
男の作法 (新潮文庫)

男の作法 (新潮文庫)

 

 

見ざる言わざる聞かざる、という生き方

チラシのウラ

 自分は昔、「世の中に不満があるなら自分を変えろ、それが嫌なら耳と目を閉じ口を塞いで孤独に暮らせ。」というフレーズはしっくり来ていなかった。

というか、何だとコラァ!?ってちょっと思ってたところもあった。

でも最近は、これは真理だなぁ、というかこういう生き方しかもう道は無いのかなぁと思ってきたりしてきた。

 

 自分を変えるのはけっこう大変だが、世間への見方や捉え方を変えるのは案外簡単だ。それをすれば結構簡単お手軽に世の中の違う一面を見ることは出来る。

出来る。が、それはデフォルトでその捉え方や見方、考え方ができていない人間にとっては、常時MP消費してバフ掛けているようなもんで、いつかはMPが切れてバフが消え去るか、MP不足に陥ってどこかで効果がガクンと落ちる。

性格を変えるってのも難しいが、性格が違う人を演じるのは案外簡単だ。でもそれも上記と一緒で、どっかでMPが切れてバフが消える。

 

 そうしたときに、無駄にMP消費して、枯渇したMP必死にごまかして絞り出して死ぬまで生き続けるのって何の意味があるんだろう。どんな価値があるんだろう。

そう思ったら、見ざる言わざる聞かざるという生き方は、自死すら出来ない根性無しで臆病者の無能が取り敢えず痛みを感じずに居るための唯一の方法なんじゃないかなと。

 

 自分を変えろ、って結構簡単に言うけど変わるってのは文字通り変わらないとダメなんだ変態だ。

たとえば肉が好きな人が、肉を口に入れただけで嘔吐するような人になる。それが変わるってことだ。無意識でも今までとは違う行動や思考を取れなければ変わったとはいえない。

他人が変わったようにみえるのは違う人を装ってるからだ。「違う人になる」というバフをMP消費して掛けてるだけ。

自分を変えたことがない人は、そういう人達を見て「人は変われる」とか言ったりする。また、「抑圧されて本当の自分を出せていなかったけど、本当の自分を出せるようになった」ってのを”変わった”って言う人も居る。けどそれは人間としては何も変わってない。

 

 自分は元々、こういう思考の人達が自分を変えられないクソ野郎どもをバカにするために「世の中に不満があるなら自分を変えろ、それが嫌なら耳と目を閉じ口を塞いで孤独に暮らせ。」と言っているのだと思っていた。だから気に食わなかった。

でも実際にどうかは別として、人生30年近く、色々と回り道して転げ落ちて這い上がって殴られて刺されて踏ん張って諦めて逃げて生きてきたけど、同じようなゴールに辿り着いてちょっとおもしろいな、って感じた。

まぁ結局は”死ね。死ねないならほぼ死んでろ”というだけなんだけども。

 

 結局、誰かが自分を必要としてくれている!とか、自分には何かを成し遂げることが出来る!とか、そんなもん幻想夢幻なのであって、存在に何の価値もない個体にこの社会に”生きる”場所は無く、死ぬか、ほぼ死んでる状態しか選択肢はないんだなぁと。

 

 

 誰かに煽られたり、エゴサーチして会心の一撃を何発も食らったり、ちょっとした発言で想像以上に叩かれまくったり、存在に何の価値もないクソみてーな個体は何をしても殴られるんであれば、何も見ず、何も言わず、何も聞かない。

その生き方が一番痛くない。

 

 が、こんなこと書いてる時点で出来てないわけだから、本当にそうして生きていくのもまた難しい。

そこまで社会を斬り捨てられない未練がましい自分だけど、「こういう生き方が一番お前にあってるぜ?」ってすぐ隣でチラチラ言われてるけど、まだ少し抵抗してみる。

そしてボッコボコにされてここに戻ってくるのが目に見えている、が、もう少し抵抗してみる。