Punk&Game

俺の記事を読め! 社会派サブカル悟り世代バラエティーPunk&Game、ごらんのブログで更新中☆

流行?何それ馬鹿じゃね?は何故起こるのか。

 今日のワイドナショーが「今知っておきたい流行」みたいなことやってて、クソつまんねーやこういうの大嫌いなんだよな…って消音したんだけど、そう言えば何故自分はこういうのが嫌いなんだろう、とふと思ったので考えてみる。

 

 そもそも流行というものに興味がなく「流行ってるから」とか言う理由付けしてるやつは馬鹿なんじゃないかとか思うタイプ。音楽でもゲームでも、リリース直後だとなかなか楽しめなくて数年という時間差を経てようやく楽しむタイプ。つまり鈍いとも言えるんだけどw

 

 で、なんで流行、流行ファッションが嫌いなんだろうなぁって考えてみると、そもそも集団行動ができない社会不適合者が、他者と同一化しようとする集団行動を上手く出来るわけがないんだよなと。

他人に合わせるのが辛い人間が、望んで他人に合わせるような思考を理解できるわけがないんだよな。

 

 

なんだそういうことかと。結局お前がこの世に適応できてないだけやないかーい!ってオチでした。

お手軽簡単即席ブーメラン

 いま話題の、美味しいが義務、ってやつを見ていて思ったんだけど。

 

「他人の気持ちがわからないのか?」

 

っていうのって、言ってる本人がわからない人の気持ちをわかっていないっていう、即席お手軽ブーメランやなって思った。

 

 

昔、ムカつくババァが「なんであんたは人の気持ちがわからないの?!!私はわかるわよ!!」とか言ってて、え?俺のことはわかってないやん…って思ったのを思い出した。

 

 

ついでに思い出したのは、自分は気が利く、って思ってるやつはだいたい「気が利くと言われる行動を取っている」だけで実際に気が利くわけじゃないんだよな。

眼の前の状況を分析しその状況に合わせて行動を組み立て予測し実行する、って下手すりゃ最近はAIでもやるってのに、ロボット以下の人間って案外多いんだなぁって思ったりもしてる。最近。

 

 

今更TSUTAYAプレミアムの話

tsutaya.tsite.jp

 一度に借りられるDVDが5枚なんだけど、見たかったのは4枚であと1枚どうしようかなぁ…とか思いながらなんとなく劇場版マクロス7を借りてきたらそれが一番面白かったというオチ。熱気バサラ最高。ファイヤーボンバー最高。

 

 

 で、今更TSUTAYAプレミアムのインプレだけど

近所のTSUTAYAに見たいDVDが山程ある!

っていう人以外にはオススメしない。まぁ、TSUTAYAプレミアムが月額1000円。大体どこの店舗でも5枚で1000円とかで借りられるだろうから、今月6枚以上借りる予定があるのなら損はしない。元は取れる。

動画見放題?あんなもん下手したらオマケにすらならないから無いものと思っておいて結構。配信タイトルが少なすぎる。素直に近所のTSUTAYA行ったほうがいい。

 

まぁそんな感じ。旧作だけだから映画好きって人にはきっと意味がないだろう。

アニメとか海外ドラマとか特撮とか。とにかく話数の多いシリーズ物を一気見したい!って人には素晴らしい制度だけど、逆に言えばそこ以外で得する層は居ないんじゃないか?と思うレベル。

音楽好きだからCDバージョンもあっても良いかも。ただ、実店舗のCDの品揃えはクソなので音楽好きな人ほど借りるものないだろうなとも思うが。

 

 

自分のための行動ではあるが、結果として他人の怠慢を助けてやっていることになるのが気に食わない。

 嫌なものを発見してしまった。出荷されているはずの品物が残っている…。

ちゃんと予定表に「これを○○個出せ」って書いたのに…。

 

出荷の伝票だってちゃんと書いているのに…

品目も数量も書いてあるのに、多分出荷したやつは違う品である上に数量も違う。

何を見て仕事をしているんだお前らは…

同じミスを何度も繰り返すし、書類の見方も毎日見ているはずなのに覚えてないわかってないし、きっとこいつはミスるだろうなというポイントは予想通り漏れなくミスりやがる。わかってないだろうな、と言うポイントも予想通り漏れなく見てないし。

表の中で一行、一列ズレただけで見なければいけないものを見失う。いやお前おかしくね?別の紙や別のシートなら「見逃しました気づきませんでした」もまだわかるが、下の行だぞ?隣の列だぞ?見えないわけ無いだろ。眼球も脳みそも腐ってんのかよと。

おまけに「社長に目付けられててさー」とかアホと。俺なら首にするんだが。

 

 

 

ふー。すまない。40だか50だか、良い年したバ○ァが新人以下のミスと新人以下の働きっぷりと小学生以下の思考力で、一向に改善する気配もないし自分に否があるとも思ってない上に指摘すると逆ギレする同しようもないやつだからつい感情的になってしまった。今現在人では足りないが正直二度と顔も見たくないレベルだが俺にはどうしようもう無い。こいつの尻拭いはいい加減うんざりだ。ということで今回は一切フォローしない。というか今後一切フォローしないし、仕事なんて任せない。これならロボットのほうがマシだ。

 

ふー。すまない。以下略

 

 

 

 でだ。うちの会社の人間はこういうのが多い。

最近増田でも見かけたんだけど、明らかにおかしい状況なのに誰も直そうとしない。

anond.hatelabo.jp

 まさしくこれ。というかこれ俺そのまま。俺かよwwwって見ながら思った。あれ?俺いつの間に増田なんか書いてたんだろう?とか思うレベル。

 

で、じゃあ何もしなければいいだろ。って言う人もいるがそうやって現場の環境が乱れてきて困るのは困ったことに俺。品物があっちこっちに分散して在庫の数が把握できず生産不足や生産過多を引き起こし怒られるのは俺。

他人のミスなのに俺にも責任が発生する。だから発生しないように前もって手を打つが、当然それとてタダではないので俺の仕事が滞る。そうするとあの仕事はどうなってんだと怒られるのは俺。

指示も指導もわかりやすく自分の経験を教えてあげているのに、本人が早く仕事をしようというやる気がなければ当然成果は低いわけで。で、何だこの成果は、と怒られるのは俺。

そうやって常にいろいろ観察して考えてって集中してると周りの音が聞こえないときとかがあって、そしてそれがたまたま上司の挨拶だったりして「挨拶しろ!」とか怒られるわけ。いやしらねーし聞こえねーしどっから出てきてんだお前は。

 

別に必要以上に出来ないやつのフォローをする気はないし、職場を盛り上げてやろうとか言う程暑苦しいやつではないしそこまでしてやる義理もない。

が、お前たちの雑な行動、脳みそすっからかんでやる仕事のせいで俺が被害を被る。だから自分のためにフォローをする。結果、あいつらは脳みそすっからかんで給料もらえるのに俺はこんだけ配慮して行動して給料対して変わらない。やってられるかと。

 

俺は究極怠慢主義者!!

俺は究極怠慢主義者!!

 

 

どこにもはまらないけどどうする?どうもしない。どこかにはまる必要などない。

何だかどこにもはまらない感じがする。

 

常に仲間とつるんで遊んだり恋したり?

んなこと出来ねーなぁ。

 

ライブハウスで騒いだり泣いたり?

それもなんか違うなぁ

 

仲間を集ってツーリング?

やっぱり一人のほうが良いなぁ

 

ネトゲで戦ったり協力したり?

それも何故かうまく出来ねーなぁ

 

 

 

自分が好きなことと同じことをしている人達とすらうまくやれない。

なんか違う。俺そこまで入れ込んでないしなぁ、みたいな。

 

色んな所で他人を見れば見るほど、そこに入っている自分が想像できなくなってくる。

同じ世界にいるのに異次元の存在を見ているような感じになってくる。

とても同じ世界を生きている生物とは思えない。あれ?俺本当に同じ人間?みたいな。

 

 

まぁ良いんだけどね。

自分の居場所がそこには無いっていうだけの話だからね。

ワークマンのやつとおたふく手袋のやつ

store.workman.co.jp 

 ワークマンとおたふく手袋の速乾インナー、両方買ったので比較インプレを。

 

結論から言うと

そ ん な に 変 わ ら な い

身もふたもないかもしれんけどw

 

冷感、という点に置いては、生地に触った瞬間や風が吹いて気化熱での冷え方に感してはワークマンの勝ち。あれはエアコンがガンガン効いてる部屋に入ったような冷え方をするけど、おたふく手袋の方は当然冷えるけどワークマンに比べると劣る。

また、おたふく手袋の方は生地を触っても冷たいと言う感じはせず、むしろあたたかさを感じる。本当に冷感なのか!?と思うくらい。風を通せばちゃんと冷えるんだけどさ。

 

体へのフィットはおたふく手袋の勝ち。ワークマンのインナーは自分の体格だと、胸囲と前腕がやたらキツめだけど、二の腕とウエストはかなり余裕あり、って言う感じでバランスが悪かったんだけど、おたふく手袋はキツかったり緩かったりする所がなく、全体的にしっとり圧が掛かる感じでとても自然に着れる。

あと地味にハイネックがなかなか高さがあっていい。上着の襟に肌があたらなくて良い。ワークマンのは少し低いんだよね。

 

パンツに関してはどっちも大して変わらないかな、って感じ。冷感が強い分ワークマン有利か。フィット感やサイズ感はほぼ同じ。

あ、前が開いている点でもワークマン有利か。ただ、おたふく手袋の方は股上があまり深くないので別に開いて無くてもそんなに困らなかったけど。

そういえばおたふく手袋の方は腰に当たるタグが不快。

 

 

というわけで、強冷感を求める方はワークマン、着心地を選ぶ方はおたふく手袋って感じかな。

個人的には上はおたふく手袋、下はワークマンが良いです。

平成最後の夏…だから何?

 個人的にはいつ死んでもいいように生きているつもり。

別に所帯持ちとかではないので、自分が死ぬことによる物理的不具合ってのは無いはずなのでそういう部分じゃなくてね。

なんというか、やりたいことをやり、気に入らないものは突っぱねる。そういう感じ。

 

というか、何をやり残したら死にきれない?何があったらもっと生きていたいと思う?個人的にはこのあたりがよくわからない。正直、童貞卒業出来てる時点で「どうしてもコレだけはやりたかった!」っていうことなんかもう無いし、生きていて幸せを感じることも特に無いので、もっともっと生きたいんです!みたいに思うこともない。と言うかむしろ早く死なせてくれ、って感じ。生きてるなんて辛いことしか無いよ。それをどれだけ紛らわせられるかどうかってだけの話で。

それに人はいつか必ず死ぬ。遅いか早いかの違いだけ。

 

 そういう観点から行くと、平成最後だから!みたいなのって、だから?とか思っちゃう。皆そんなに何か後悔するような生き方してるんだろうか?

そんなに何かをやり残し、そんなにこの世が幸せいっぱいで未練があるのだろうか。

 

 

不思議でしょうがない。

 

 

そういえば飽き性の自分が3ヶ月連続で毎週毎週、車なりバイクなりに乗ってどっかに出かけてますよ。案外飽きないもんだな。自分でびっくり。

ただいつ飽きてしまうんだろうって恐怖と、もしコレに飽きてしまったら何を支えに毎日生きていけばいいんだろう、ってところが怖い。

正直スイスポとCB250Fとセントジョーンズワートが無くなったら、今度こそ家から一歩も出られなくなりそうだ。